こと京都株式会社様で病気についての話をさせて頂きました

投稿日:2019-09-14  


こと京都株式会社様の社内研修の一環としてお話させて頂く機会を設けて頂きました。

病気についての話をさせて頂きました。


はじめに



今年発売されました朝倉書店 新版農薬の科学の殺菌剤の概要の図を眺め、

殺菌剤という名前からイメージする作用の農薬がほぼないということを共通の認識とした後に、

病気は感染してから対処するのではなく、如何に病気にさせないか(予防)、早期発見で伝染を止めるかの重要性の話をさせて頂きました。


病状が畑全体に広まってしまった時の対処は意外な事に肥料で行うという内容を経て、

病気で収穫できなかった畑では次作でどのような事を意識すれば良いか?を皆さんに考えて頂きました。


次回は緑肥の話で、

緑肥を組み合わせて、感染経路を絶つということをお伝えする予定です。


関連記事

対黒腐菌核病


オススメの読み物

酸素供給剤についての可能性に迫る - saitodev.co

JA筑前あさくら様で肥料の話をさせて頂きました

投稿日:2019-09-11  


福岡県のJA筑前あさくらの組合員さんと唐津の農業を良くする為の会合を行いました。



我々からは普段栽培者向けの勉強会の内容と栽培向けのWebアプリの活用方法の話をしました。

全国各地のほ場巡回の前に行っている情報収集


筑前で蓄積された栽培技術と、各産地でブラッシュアップを続けた我々の知見が合わさることで、筑前の農業の発展に貢献出来れば幸いです。

JAからつ様で肥料の話をさせて頂きました

投稿日:2019-09-10  


佐賀県のJAからつの組合員さんと唐津の農業を良くする為の会合を行いました。




我々からは普段栽培者向けの勉強会の内容と栽培向けのWebアプリの活用方法の話をしました。

全国各地のほ場巡回の前に行っている情報収集


唐津にある素晴らしい栽培技術と、各産地でブラッシュアップを続けた我々の知見が合わさることで、唐津の農業の発展に貢献出来れば幸いです。

JA兵庫六甲の農業青年会議阪神支部研修会で肥料の話をさせて頂きました

投稿日:2019-08-27  



JA兵庫六甲の農業青年会議阪神支部の研修会にお招きいただき、肥料についての話をさせて頂きました。



果菜を栽培されている方も多いとのことで、食味の向上の貢献に役立つ葉面散布等の話もさせて頂きました。


皆様の秀品率の向上に機会になれれば幸いです。

JA愛知北の青年部会で肥料の話をさせて頂きました

投稿日:2019-08-08  



JA愛知北の青年部会の研修会にお招きいただき、肥料と緑肥についての話をさせて頂きました。

土壌環境の改善の為、緑肥をされている方が多く、エンバクを栽培したが期待する結果にならなかった等の事例から、緑肥の効果を高める為に出来ることといった少し突っ込んだ話題になりました。


皆様の秀品率の向上に機会になれれば幸いです。

こと京都株式会社様で土壌分析の活用についての話をさせて頂きました

投稿日:2019-08-05  


こと京都株式会社様の社内研修の一環としてお話させて頂く機会を設けて頂きました。

土壌分析の活用というテーマで話をさせて頂きました。


施肥設計を徹底的に考えて施すと、土壌分析の結果が綺麗な形に近づく為、

土壌分析の結果を毎年並べて、年々綺麗になっていくことが確認できれば秀品率が高くなりつつ、病気にもなりにくくなり、農薬散布等の労力が軽減される環境に近づいていることがわかります。


不調な畑の土壌分析の結果を見ながら、最初にどのような対処を行うべきか?といったことを再確認する機会としてお話させて頂きました。


オススメの読み物

土壌のpHを上げたい時は

広島の倉橋島のトマトのグループの方向けに肥料の話をさせていただきました

投稿日:2019-08-01  


広島県呉市の倉橋島で営農されているトマト(お宝トマト)のグループの方向けに肥料の話をさせて頂きました。



倉橋島は全体的に砂質の真砂土が多く、水は肥料が持ちにくい土壌が広がっている地域です。

肥料が残留しにくいという特徴を活かしつつ、

栽培をより有利にするための基盤となるような話をさせて頂きました。


今回の話を元に秀品率の向上に貢献できましたら幸いです。

つくばのHATAKEカンパニー様で巡回と黒ボク土での栽培の話をさせて頂きました

投稿日:2019-07-25  


つくばのHATAKEカンパニー様向けにほ場の巡回と、

(株)HATAKEカンパニー | ベビーリーフ・レタスミックス、葉物野菜、ハーブ、根菜のHATAKEカンパニー



座学としてアロフェン質黒ボク土での施肥設計の話をさせて頂きました。


アロフェン質黒ボク土は農学では活性アルミナの障害が発生しやすく栽培が難しい土として扱われていますが、

排水性や保水性が抜群に良く、保肥力も高いので、関西の我々にとってはとても恵まれた土であり、

活性アルミナの問題も工夫次第で簡単に化けるので、黒ボク土についての扱い方の話をしました。


今回の話を元に秀品率の向上に貢献できましたら幸いです。


こと日本株式会社様で肥料についての話をさせて頂きました

投稿日:2019-07-24  


こと日本株式会社様の社内研修の一環としてお話させて頂く機会を設けて頂きました。

栽培にとって良い土とは?と肥料についての話をさせて頂きました。


施肥設計についての背景と成分名から肥料の効きと残留性の予想について触れ、

様々な肥料のチラシに記載されている内容をより的確に判断でき、

秀品率の向上に貢献できるようになれれば幸いです。

JA遠州中央の白葱部会で土作りや葉面散布の話をさせて頂きました

投稿日:2019-07-24  


JA遠州中央の白葱部会の方にお呼びいただき、

土作りから葉面散布や発根促進についての話をさせて頂きました。

JA遠州中央の白葱部会で肥料の話をさせて頂きました



砂質土壌という環境では腐植質の肥料が効きにくいと予想されます。

葉面散布等の追肥が予想を超えて様々な局面で助けてくれる為、

他地域での葉面散布の事例等も併せて紹介しました。


今回の話を元に秀品率の向上に貢献できましたら幸いです。


1 2 3 4 5