露地野菜嬉しい想定外

投稿日:2018-06-15   投稿者:投稿者名

数年前の京都市内 九条葱がマルチなどを使って周年栽培されるようになり、京都では土地が限られている為水田や他の路地物、緑肥等の転作

もせずに植付け続けて疲弊している圃場が何カ所もありました。

土つくりには牛糞堆肥、鶏糞堆肥、腐植を含まないのでECや硫酸カリ、硝酸根等が溜まりに溜まり強い酸性土壌に活性アルミナは流れ出て根は障害をうけ、スギナが繁茂する。

いわば人災での荒地が多く見られる。

発根は弱い為葉を作るのに逆に強い肥料に頼らざるを得ない。 逆効果。 

どんどんたまっていく硝酸、硫酸(根こん)バランスをくずした土壌バランス。 

採用した肥料設計は発根を強く、土壌の物理性 化学性 生物性を取り戻すシンプルな設計 

腐植の補給に廃菌床(強力な土壌改良効果を望める)

 

地力薬師くん 

あとはpH等の緩衝性をあげる組み合わせとNPKを最低限投入。 

すると何年かたって同地域の路地葱の圃場にうれしい誤算がおきました。 


こんげつ、訳あって葱のサンプリングに京都府内を走らせているとその市内のエリアで面白い現象を発見しました。

写真左が水稲あとの新規圃場 右が何年か作付けしつづけた、要するに先ほどの設計をつづけた圃場。

定植時期、苗の状態、土質、水はけ等の条件はそろっていました。

(農研機構 日本土壌インベントリー)

まだまだ発根して欲しいが格段に良くなってはいる根の量。

連作を進める訳ではありませんが、こういう結果も出たという事。廃菌床が持つ地力窒素が上手くハマった事やCEC、化学性が改善されている事も影響しているんでしょうが、肥料を売る側には嬉しい誤算でした。 

土壌にとってこのように発根を促進させる地力ある土壌を作る肥料設計をしつつ、緑肥や水稲などでしっかりとクリーニングし休ませてやる。 そんな使い方が出来れば野菜の作りやすい畑がたくさん残るかもしれませんね。


携帯レンズ

投稿日:2018-05-08   投稿者:投稿者名

現場で葱の葉に良く解らない病斑がでたから見に来てほしいと連絡を受けました。


早速現場に行きました。



「あっ、病気じゃなさそう」というのは経験値でなんとなくわかりました。

ここで軽くOLYMPUSのTG4を当ててみる。

ほんとに軽く当てました。 ここで携帯に秘密のレンズを付けて撮影しました。

【成長期の風による擦り傷かなにか】確定!!

使用したレンズはちゃっちいのに中々やります。

気になる方は連絡ください!  【たまたま中国で買ってきてもらったお土産なんでもう手に入りませんが。。。笑】


あの肥料は良いよは当てにならない。

投稿日:2017-11-28   投稿者:投稿者名

今月、徳島では雨が降っていたので数件の農家さんの事務所で設計についてと良い土壌の作り方についてのお話をさせて頂きました。 今年は台風被害、長雨での根腐れなどに苦しんだとのお話しだったので酸素剤の使い方についてなどを交えてこの土地の土壌にあった話で説明させて頂きました。

この近くは黒ボク土も多くあります。 どうやら大陸が出来た時に出来た良い土が多いラッキーなライン上にある地域のようです。 家畜ふんの使い方 腐食と粘土鉱物、く溶性肥料の使い方で安定して秀品率は上がってくると思います。


先週は鹿児島県へ 

鹿児島で葉葱を試験的に植えるお手伝いに行ってきました。 

この土地はpHが低い土 ある特徴を捉えるとこの土地では地力薬師は使わなくてもいけるだろうという事が解ります。

その分腐食をたくさん入れてもらって勝負してもらうと、土は大化けするんではないかと考えています。


腐食を入れた土壌のキャベツは良好なようです。


そして仙台。

育苗培土で作っているような土 ピートモス多め。地力薬師が欲しいですね。 

それと、東北は環境が厳しい(温度)そいつとの戦い方があるので肥料を効かすタイミングが重要になってきます。

ですが、地温を少しでも高くする為に仕込みの肥料設計も重要になってきます。

どうやって日照時間の短さ、温度の低さをカバーするのかが秋から冬にかけては大変大きな問題となりそうです。


各地回って思いますが、条件によって使いたい肥料や土壌改良剤は全然異なります。 そもそも地質や日照などの条件が異なるので産地が形成されてきてます。 

この土地で上手く行っても他の土地で本当に使えるのかどうなのかという事は条件を考慮しないと全く当てになりません。

でもそれと同時に腐植と粘土鉱物の組み合わせが解決してくれる問題が多いことも解ってきました。


つづく


台風は本当に天災ですか?

投稿日:2017-10-25   投稿者:投稿者名

21号が去ってから台風一過はなく、2日間雨が降り続いているといった不気味な状況の中、頑張ってきた生産者の傷跡とともとれる痛々しい現場を走り続けました。 



(これはうちの苗場です)


いままでの頑張りを知っているだけにこの傷跡を見るのが正直辛く、腹立たしい気分になりました。

一年間の雨量はいつも元を取るように梅雨がカラ梅雨でもどこかで降るという現象には理由はあるようで、海水の水位がインドネシアの方で上がり続けるとそれを分散する為に嵐で雨を各地に降らすとか、【エアロゾル】という物質(簡単に言うと排気ガス)が雨に影響しているとか、

そのあたりの話を色々聞きました。 

あとはこの記事 【アジアの大気汚染が台風を強大化させていた】 

PM2.5がエアロゾルに当たる事が研究で分かっただけでも大気汚染が台風を起こす要因になるのは容易に理解できました。

それと二酸化炭素が大気中に多く滞積する事により嵐や雨を呼び強大化させる事も研究によりもうハッキリしているそうです。


日本は工場が多いですが日本の煙突のフィルター機能は優れているらしく大気の汚染を最大限防げ、フィルターで除去し硫安を精製させるといった技術もあると聞きました。(日本が大気汚染してないわけではないですか)

例えばそれが工場で生産する事だけを目的として大気の汚染になんの配慮もなく煙をだしつづけたらどうなるか、という事が科学的に検証、結果づけられたという事だと思います。

ハッキリ言って台風は天災ではなく起きるべくして起きている人災だという事がもう研究データーで分かっているという事ですよね。 という事は何十年に一度規模の台風は今後どんどん増え続け、異常気象、長雨が他産業の工場が配慮をしてくれない限り酷くなる一方という事になります。 

これ、他産業のとばっちりを農業が受けてる事になりますよね。

今手掛けてる、正しい土つくりの知識は少なくともCO2の削減に役立っています。 

今後も周りの方の知識や力もかりますが、やれることは積極的にやるつもりです。

耕作放棄地を場所によっては森に返す等の選択をしていかないと、地球に掛かっている負荷は解消できず酷くなり、それを取り戻すべく自然災害は起こり続ける。興味を持ち勉強して環境と共存していかないと、自分で自分達の首を絞める事になるようです。

※環境問題の素人が書いたブログです。 表現に誤りや解りにくい箇所があったらすいません。

次に22号も日本に向かっているようですが、皆さんには22号で被害が出ない事と今回の台風での一日も早い立て直しが出来るよう願います。
世話になっている京都 京丹後 大阪 滋賀 愛知 静岡 高知 徳島 淡路 宮城 福岡 その他の地域も頑張りましょう!!

葉物ハウス用灌水はMPローテーター

投稿日:2017-09-12   投稿者:投稿者名

間口5,4m 奥行50m越えのハウスに灌水装置を付けたいとご相談くださいました。 

しかも収穫の兼ね合いで灌水はハウスの半分づつ水を撒けるようにしてほしいとの事でした。

出来るだけ無駄なコストをかけずにどうすれば良いか?!

答えが出たので本日工事にとりかかりました。


まずは縦方向にメインの水管としてポリパイを転がします。

そして難題を解決してくれたのはMPローテーターシリーズのMP1000 MP1000は飛距離が一番飛ばないタイプなので今まで

使いどころが少なかったようですが、今回はこの飛ばないノズルが逆に役に立ってくれそうです。


MPローテーターを設置用の筒に取り付けます。

こんな感じになりました。

灌水は一本一本にバルブを設けて水を出したくない箇所は止める事が可能になります。


ポリパイの横、ハウスのサイド際に専用のスタンドを差し込みMPローテーターを取り付けます。


4m感覚に並べました。


そして今回の水源はこのエンジンポンプです。 そんなにエンジンは大きくありません。

ハウスオーナーの農家さんはエンジンポンプからホースを引っ張ってきて出したいラインに接続できるようにしてほしいと要望

頂きましたのでこんな感じで繋げるようにしました。


ホースから水を送れるようになったらこれで完成です。 

今回はハウスの半分をむらなく綺麗に水を飛ばして欲しいとのご要望でしたが、見事に半分だけムラなく水を散布する事が出来ました。

MPローテーターは角は90度それ以外は180度近く回転しながら高さを変えて水を飛ばしてくれます。

これで発芽ムラ、生育ムラなく葉物野菜が育ってくれる事と思います。 

肥料設計もお伝えさせて頂きました。 ありがとうございます!!


農研機構さんへ

投稿日:2017-09-08   投稿者:投稿者名

つくばへ行くことになりました。

訪問先は

農研機構さん 

日本の農業の最先端の研究をされている機関になります。 

野菜(葉葱)の収穫予想 

この技術が確立されれば自分たちにとってもありがたいばかりです。

昨年からのデーターしかありませんが、当社、齋藤氏による開発の土壌分析アプリ【soil3】は土壌の健康状態を目視できます。

そして肥料の自動計算の装備も視野に動いてくれています。 

ここに農研さんの【日本土壌図インベントリー】を使う事によりさらに【作付け土壌】の情報が集まって精度が上がる筈です。

一応現場では葱の写真は毎日といって良いほど撮りためています。それに伴い色々な土壌由来の問題点も多く情報は集まっています。(まだまだ解らない事だらけですが、、)

これらが前向きに捉えられ生かされるのは正直嬉しい限りです。  

日本の葉物栽培の農家さんが抱えるストレスを少しでも軽減出来ればと思います。


ヤンゴンの市場

投稿日:2017-08-21   投稿者:投稿者名

ヤンゴンの市場に連れて行ってもらいました。


市場では野菜、果物がほとんど






これは噛みタバコ  口の中に香辛料を塗った葉っぱ入れて噛み、その味を楽むというもの。 噛んだら汁が出るのでそれをすぐに吐き出します。 これに挑戦したら「度胸あるなー」って皆言ってたけど、これはいきたくなるでしょう!?



そして市場で商いしている業者さんはこの市場にテレビや布団をひいて家族で生活していました。


最後に食べたここのバナナは美味しかったです。


正直思ってたより沢山の野菜が並んではいました。雨期のある国なのに凄いなと感心しましたが、根菜類はとても小さかったり花菜類、特にトマトやイチゴはしっかりと作る技術がまだまだないようです。技術というより環境を作る事が出来ないのかもしれません。 あとは、衛生面はやはり日本とは格段のちがいがありました。

今回の視察でミャンマーの土がとても栽培にはハードルが高い土が多い事が解りましたが、それは組み合わせ次第で解決できるものだとも思います。 いつも一緒に仕事をさせて頂いている日本の企業の方達と協力すれば技術と環境制御でもっとクオリティの高い花菜類を作ることも可能だと思います。 

ただそれは色んな条件が揃い、それでいて現地の方たちに臨まれて、みんなで力を合わせてはじめて出来る事だと。 

 

貴重な経験をありがとうございました。 

技能実習生の方たちの成功とミャンマーの農業技術の発展を心から願います。

自分たちでも出来る事があれば協力させて頂きたいと考えています。

 

そしてバンコクでカバンを無くしたんですが、それを見つけてちゃんと送り返してくれたタイ人の方達と心配してバンコクに連絡取ってくれて見つかった事がわかって一緒に喜んでくれた、ヤンゴンの空港のスタッフの方たちに心から感謝します。

奇跡に近い!!ほんとに助かりました!!!w


ミャンマーへ行ってきました。(技術編)

投稿日:2017-08-02   投稿者:投稿者名

斉藤毅 植物のミカタより


ミャンマーのヤンゴンに行ったので畑の土を見た


大陸のプレートは花崗岩


ボーキサイトは土になるのか


ミャンマーではいつにもまして接近戦でシャッターをきり続けていました。

【ラテライト】世界で最も栽培しにくい土壌 

日本各地の土壌を見て回っていた甲斐もあるのか、斉藤はもうこの土壌との戦い方の(あて)を付けていました。

この知識が役に立つ日が来るのか、、 


土壌はある程度の劣悪な環境でも人は何とかして野菜を収穫までもっていきます。追肥のタイミングや環境制御、液体肥料の飛び道具を使って。 それが、【技術力】 

そこに経験と知識で培われた土壌の物理性 化学性 生物性を駆使した肥料設計 

土壌の環境を最大限まで良い状態に持っていく努力をしながら磨かれた高い技術力を駆使すればそれは今までよりいい結果が出るんではないでしょうか?! 


一日に現場で撮影する写真は50枚以上 年間15.000~17.000枚は生の現場の写真、情報が集まってる事になります。

それを素材に思考する。 

そんな事を続けていくうちに今まで無理だった事が可能になるような発見があれば良いのにな、と思います。


ミャンマーへ行ってきました。

投稿日:2017-07-28   投稿者:投稿者名

お誘い頂き、ミャンマーへ行ってきました。

技術顧問の斎藤と一緒に。

内容はミャンマーの国の産業技術発展と人々の暮らしの為にミャンマー人の技能実習生を日本で受け入れる為の農業分野での橋渡しと、

現地の農地のアドバイス等でした。正直どうお手伝いできるかは未知でしたが、タイミングも良く一度現地で見学とお話を聞く事にしました。

ミャンマーの方は現地の学校で自分が就く職業についての授業を1年近く学び日本語検定も3級取得してからでないと日本に来れないそうです。 例えば食品関係の工場に研修を希望の方は日本語と食品を扱う上での注意点、調理の技能などを学ばれます。

例えば農業でも日本の農業法人が希望する技能と道具や機械の名前や使い方などを実習をうけて準備されてから来られるようです。

日本では3年ほど技能実習という形で仕事をして帰国後は工業省管轄企業への復職が定められておりミャンマーでの活躍が期待されるという流れになるようです。

農業分野ではまだまだ復職先の問題もありそうでした。しかし可能性も十分にあるのも感じました。

今回縁があってミャンマーの方の技能実習受け入れの手伝いが出来ないかというお話を頂きましたが、大きすぎる事業なんで自分で現地に行って直接授業風景も見て現地の方に触れて現地の産業を確認して何がお手伝い出来るかを考えたかったんで現地に飛びました。


学校の授業風景を見た後、ヤンゴンの農場(軍隊の為に野菜を作り販売されている)に連れていってもらいました。

写真に写る農小屋のような所は農家さんの住まいでした。作業されている方は夫婦?男女で人数は少なく、圃場は50aにも満たないほどの面積でした。


機械は使わずすべて桑や鎌などの手作業だそうですが、畝は綺麗に作られていました。


ヨトウ コナジラミ アザミウマ

日本でも馴染みの害虫が農薬の袋に写っていました。

斉藤はこの現場でなにやらすごい発見を(ミャンマーの農地で戦う事になる鉱物)したそうです。

自分は作業をされている方に聞きました。「何か困ってる事はありますか? 作りたい野菜はありますか?」と聞きました。

心の中ではきっと機械が欲しいとか、イチゴやトマトを作ってみたいとか、作業員を増やしたいとか色々言われるかと予想していましたが、

「何もない」  と、返ってきました。 少し驚いたんですが、よく考えてみると上から目線で嫌な外国人になるとこだったなと反省しました。 とにかくミャンマーにいる間は何も判断せづ興味の示すままに色々と見学させてもらおうと思ってると、この後市場に連れてったるとの事でヤンゴンの市場に行く事になりました。


つづく


ある堆肥を入れたら虫害が少なくなった

投稿日:2017-07-06   投稿者:投稿者名

先日一本の電話がありました。 他府県からで西日本でも有数な若手の葱生産者さんからでした。(光栄です)

内容はある植物性堆肥を入れたら虫が少なくなった、隣同士の圃場で一目瞭然だ!なんでやと思いますか?

という話でした。

なるほど。 たぶん一番でかい要因はこれだと思います。 特に葱の栽培において。


例えばこの根っこの張りが弱いこのねぎ 

赤いところがミネラル(微量要素 リン等他)を吸収しやすい毛細根エリアが少なく青いところで窒素をガンガン吸収するので

葉に硝酸態窒素がたまり易くそこに虫が餌を求めやってくるので間違いなく餌食になりやすいです。

それに鉄の吸収なども期待できないので病気に弱い株という事にもなります。


こちらが他の圃場で、少し距離感の違いはありますが、毛細根のしっかりと生えた根っこてんこ盛りの葱

ミネラルを吸収するエリアがこれだけ多いと圃場に肥料を撒き過ぎたとしても窒素過多になりにくい上にミネラルの吸収の方が順調に

進むんでバランス良く養分が供給されるし、葉に未消化の硝酸態窒素が残ることも少ない。鉄分の吸収も多く病気にかかりにくい葱

になります。

要は根が伸長したという現象 それに粘土鉱物(地力薬師)などをいれたらさらに良くなると思います。

結構大量に入れられたみたいなんで結果が早く出たんではないでしょうか?  

これが家畜ふんだと大きな問題がでる事もありますが、植物性の堆肥は安心して使える上にびっくりする位良い変化が

起きる事があります。 

地力を上げる、肥料はコントロールに使う。地力を上げると肥料持ちも良くなり効き方の穏やかさも得られるので農薬散布のコストは確実にさがります。 

まずはそのあたりの事を実感されたポイントだったんでは無いかと思います。

お電話ありがとうございました。



1 2 3 4 5