京都産業21の「企業の森・産業の森」推進事業に採択されました

投稿日:2020-10-01  

公益財団法人京都産業21の「企業の森・産業の森」推進事業補助金で「京都府で地域の微生物の活用によるネギの周年栽培の農薬散布の大幅削減と秀品率の向上の栽培体系の確立を目指す」というテーマで採択されました。



弊社が推奨する基肥設計で栽培をされている方で、秀品率の向上に合わせ農薬防除の回数を削減出来ているほ場が増えつつあります。

露地野菜嬉しい想定外


この度、サンリットシードリンクスさんの所有する土壌微生物叢の構造・機能を解析する解析技術(東樹宏和京都大学准教授の研究成果)を用いて、今までブラックボックスであった好調の畑の土壌の作物と微生物(主に内生菌)の関係の調査を行い、土壌微生物叢を加味した肥培管理の構築を行います。

種多様なネットワークとメタ群集レベルにおける生態学–進化学の統合 | おすすめのコンテンツ | Nature Ecology & Evolution | Nature Research

東樹 宏和氏:多種生物種ネットワークを基に生態学と進化学をつなぐ | 著者インタビュー | Nature Ecology & Evolution | Nature Research



直近はべと病菌に対して強いネギから調査をはじめ、べと病による秀品率の低下を防ぐ為の栽培技術の確立を目指します。



京都農販日誌のおすすめの記事

栽培者向けの勉強会を行っています

勉強会について詳しく知りたい方は京都農販の取り組みをご覧ください。