巡回2日目とトマトのカリ欠

投稿日:2015-06-19  

巡回2日目は花菜類がメイン

地元上賀茂、大宮地区の農家さんは少量多品目で振り売りでご商売をされてる方も多い地区です。小売り対面販売や店舗直売では品質の高さが問われます。 とにかく腕の良い農家さんが多い。 自分も肥料屋になりたての頃、野菜の見方、天候との戦い方など現場で教えてもらった場所でもあります。




2日間ありがとうございました。


ついでにトマトの養分の話

トマトの作が終わって土壌分析を取るといつもカリがかなり少なくなっています。

植物の重要な化学反応はカリの助けなしではできません。

エネルギーの貯蔵も出来なくなるし、細胞壁も出来にくくなります。浸透圧も低くなるので養分吸収自体が高まりません。

収穫の持ち出しでしょう。

良く収穫出来たらお礼に次作のカリの補給は大事だなと思っています。 

オーガニックカリ パームカリ  



京都農販日誌のおすすめの記事

栽培者向けの勉強会を行っています

勉強会について詳しく知りたい方は京都農販の取り組みをご覧ください。