日本の農業の問題について改めて考えさせられました

投稿日:2015-09-23  

真山仁さんの「黙示」という小説を読みました。


 

真山仁さんは経済小説「ハゲタカ」シリーズで有名ですが,「黙示」は日本の「食」,その中でも農業についての問題が提起されています。

 

ある事件をきっかけにして,農薬の問題,GM(遺伝子組み換え)作物の問題,耕作放棄地の問題等,具体的に食や農業に関する様々な問題が絡み,話が展開していきます。

 

地球の気候変動や人口増加などによって,世界はこれから食料争奪戦に入っていく。

そのような状況が待っている中で,日本の農業政策はこのままでよいのか。

 

数年前は日本の水が中国に狙われているというニュースがよくTVで流れていましたが,この小説の中では,日本の耕作放棄地が中国に狙われているという話も出てきます。

 

日本人の「食」の意識や日本の農業政策について,いろいろと考えさせられました。

 

興味のある方は読んでみてください。



京都農販日誌のおすすめの記事

栽培者向けの勉強会を行っています

勉強会について詳しく知りたい方は京都農販の取り組みをご覧ください。