植物性堆肥でハウス栽培の土がふかふかになっていました。

投稿日:2018-12-19  

年の瀬も迫り、暮れのあいさつに回ることが多い今日この頃。

お客様からは、今年の猛暑や台風が大変だったことや、野菜の値が

安いことを嘆く声をよく聞きます。


そんな中、使っていただいている資材が「よかった」とか、「よく効いている」とか

言っていただいたらとても嬉しいものです。


昨日、ハウスでホウレンソウや小松菜など葉物野菜を作っておられる

お客様を訪問したところ、とてもきれいで健康そうな小松菜が育って

いました。



現在は作ごとに植物性堆肥を入れていただいています。



以前は牛糞堆肥を使っていて、夏場は特に塩類集積の影響か、土が粉を吹いていたとのこと。


今は孔隙が発達してふかふかの土になっています。



これならいい野菜が育ちますね。

栽培者向けの勉強会を行っています

勉強会について詳しく知りたい方は京都農販の取り組みをご覧ください。

京都農販日誌のおすすめの記事