横着したが故に濃度障害に・・・。

投稿日:2015-08-16  

畑部です。

自社試験圃場で濃度障害が発生しました。

というより,自分が横着したために,起こるべくして起きたものです。


数日前に,このように一升瓶に液肥を入れ,スプリンクラーで散水したのですが・・・。


散水後,一升瓶に残った液肥を希釈倍率を考えず,横着して畝上にかけたところ,

このように,液肥をかけた箇所が見事と言っていいぐらいにピッタリ合致して,障害が起きてしまいました。


この日は非常に暑く,太陽も出ていたので濃い液肥によるレンズ効果で焼けてしまったのか,

液肥の豊富な栄養分が葉にいたカビを急激に増殖させ症状を促進したか,そもそもカビの急激な増殖による窒素飢餓を起こしたのか,

このようになった過程はさまざまに考えられます。


しかし確実なことは,作物は手抜き・横着を見逃すことはないということです。反省です。




京都農販日誌のおすすめの記事

栽培者向けの勉強会を行っています

勉強会について詳しく知りたい方は京都農販の取り組みをご覧ください。