猛暑日対策

投稿日:2022-05-30  

例年の極端な気候変動と温暖化により夏の猛暑日が増え、栽培に大きな影響を与えています。

この猛暑日の増加に対して何らかの対策をしたいという相談を頻繁に受けるようになりましたので、内容を整理してみます。



猛暑日に対しては、作物自身の葉からの蒸散量を増やすことを意識する必要があります。



植物は根から吸収した水を葉に移行させ、葉の気孔から水を蒸散させる際に体内の熱を外に逃がすことを行います。


それであれば、発根量が多く土に常に水がある状態であれば、葉から定期的に熱を逃し、猛暑日であっても比較的に萎れずに済むことになります。

発根量を多くするためには土の排水性を高め、常に土に酸素が行き渡りつつ、ガスの発生を抑える、もしくはガスが発生してもすぐに土に外に放出されるようにしておく必要があり、常に水がある状態は保水性を高める必要があり、どちらも腐植が土に馴染むことで実現することができます。

腐植質の肥料で土作りを行うことに関しては、ひび割れしている畑ではバークの施用時に必ず地力薬師を併用してくださいをご覧ください。




続いて、光合成の質を高めることを考えます。

猛暑日の光合成で注意する点としましては、大きく分けて葉周辺の湿度と紫外線対策があります。



前者の葉周辺の湿度の話題は、光合成は気温の上昇とともに光合成速度が増しますが、30℃を超えた辺りから低下します。



定期的なスプリンクラで周辺の温度を下げつつ湿度を上げると温度による光合成速度の上限が高くなり、蒸散量も増やすことができます。



通路で緑肥を育てることで、緑肥からの葉で周辺の湿度を高める事ができ、畑全体で光合成速度を低下させないという手もあります。


後者の紫外線対策は、葉表面のツヤ(クチクラ層)の形成により、紫外線フィルタのようなものが形成されますので、定期的な微量要素剤等の葉面散布を行うことをオススメします。




最近の研究で、トマトの葉で、周辺の草の葉が損傷した際に放出される緑の香りを吸収すると、葉の蒸散量が増したという報告があります。

日本バイオスティミュラント協議会 第3回講演会「温暖化による農作物への影響とその対策」 レポート (後編) | カルチべ取材班 現場参上 | カルチベ – 農耕と園藝ONLINE


緑の香り周辺の作用機構が他の作物にもあるとし、上記の話の応用を考えると、



通路を覆っている緑肥を定期的に刈り倒すことによって、緑肥の葉から緑の香りを放出することができ、作物の葉の方の蒸散量を高める事ができます。

除草剤に使用していた費用を高性能な草刈り機に回すことで土を向上させつつ、秀品率を高めることに繋がります。


除草剤を利用せずたくさんの草の根が畑にある状態にすると、作物にとって良い菌が増える傾向にあるらしく、それらの菌によって作物が猛暑日に強くなる傾向もあります。


気候変動により栽培の難易度が年々高まりつつあります。

今一度、栽培方法の見直しを行う機会であるのかもしれません。

梅雨時期の大雨対策

投稿日:2022-05-29  

毎年発生するようになった大雨の対策の話をしてほしいという連絡を頻繁に受けるようになったため、内容を整理してみます。



連日の大雨で日射量が減る等色々と考えることはありますが、根腐れに注目して話を進めます。

根腐れの被害が少なければ、たまにある晴天や雨上がり後の光合成の際に根から適切に養分を吸収でき、光合成の質が向上するので気にするべき事が少なくなります。


根腐れが発生する原因は主に根の酸欠とガスの発生があります。

根の酸欠は畑全体が水没をして、土の中に酸素が行き渡らない時に発生し、ガスの発生は酸素がない嫌気状態で硝酸塩や硫酸塩系の即効性の肥効の肥料が還元された時に発生します。

ガスは主にアンモニアガス、亜硝酸ガスと硫化水素があり、どれも根に当たると根が焼けてしまいます。

※今回の記事では触れませんが、メタンガスもあります


根腐れを回避する手段として、「水没をさせない」や「ガスが発生する肥料は元肥として用いない」があり、これらを一つずつ丁寧に見ていきます。




水没をさせないで最初にすべき内容は土壌の物理性を向上して、排水性を高めることです。

畑作であれば地表から大体60cmあたりに形成されている耕盤層と呼ばれる硬い層を壊して、土の中で水の溜まりやすいところを少なくします。


耕盤層の破壊はサブソイラ等を用いて行います。




耕盤層を破壊すると土の水持ちが悪くなるので、次は土の物理性を改善し、排水性と保水性を高めます。



土の物理性を高めるには、枝葉が腐熟した腐植と呼ばれる植物性の有機物を投入するのが有効ですが、



腐植を速やかに土になじませるために、2:1型もしくは2:1:1型粘土鉱物を合わせて用います。

これらの土壌改良材を用いた後に根の強いイネ科の緑肥を育てると更に有効です。

緑肥を活用して、土壌の物理性の向上を早める





次は通路に降雨後に水が溜まりにくいようにします。

畑の端に明渠を掘り、畑の外側に向かって積極的に排水をできるようにします。



可能であれば明渠への排水を確保した後に通路にマルチムギといった背丈が高くならない緑肥で覆うと良いです。



根の強いイネ科の緑肥により水が下に抜ける道が増えつつ、根周辺の水持ち(保水性)が高まります。

葉からの定期的な蒸散により土壌の水分量が適量になり、根腐れの心配が軽減されます。

アザミウマの対策を考える




最後に保険として酸素供給剤を仕込むという手もありますが、あくまで保険程度に留め依存し過ぎないことをお勧めします。



酸素供給剤の仕組みは過酸化石灰を土に仕込み、水に触れることで過酸化水素と消石灰を発生させ、過酸化水素から酸素を放出する仕組みです。

少量とはいえ、土を固くする要素の石灰を用いますので、降雨後に土が固くなり、梅雨が開けた後の夏場のガスの発生率を高めます。




続いて、ガスの発生要因の軽減ですが、



最も心配なのが、家畜糞による土作りを行っていた場合です。

家畜糞にはガスを発生する硝酸塩の肥料成分がふんだんに含まれていて、有機質肥料のような肥料なのですが、堆肥と捉えて多投する方が非常に多いです。

物理性も多少は向上しますが、それ以上にガスの発生率が高まってしまうため、



畑が水没してしまった場合の悪影響は深刻です。

硝酸態窒素のような即効性の肥料は根周辺の浸透圧を高めてしまい、この圧も作物に根に対して悪影響です。

生育状況の確認と発根促進に関すること


土作りを行いたい時は枝葉が腐熟した腐植量が多い植物性の堆肥を必ず用いることにしましょう。


今回の内容を徹底した上で、はじめて酸素剤の葉面散布といった対処療法が有効になります。

対処療法としては、根の痛みを考慮して、アミノ酸や微量要素の葉面散布剤が有効です。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

葉面散布で殺虫剤の使用回数を減らして秀品率の向上を目指す

尾野農園様勉強会詳細

投稿日:2022-05-21  

今回の記事は尾野農園様にて勉強会を開催しましたの詳細になります。


午前は座学で土壌分析の結果の見方と基肥の施肥設計の考え方について、午後は土壌分析の結果を見ながらの巡回で次作以降の施肥設計の改善の話をさせて頂きました。


はじめに当日までにこちらで行った予習について記載しておきますと、



香川県善通寺市の地質の山陽の花崗岩から

善通寺市周辺 - 20万分の1シームレス地質図v2



花崗岩由来の排水性は高いが保水性や保肥力が少ない真砂土を基礎として、この土にCEC低めの粘土鉱物が敷き詰められた固まりやすく肥料持ちしない粘土質の土であることを予想しました。

他に善通寺市の南側に位置する四国山地の影響で降水量が少なく、根で水と酸素を欲するネギにとっては不利な土地であると予想しました。

近隣にある農研機構の研究所のページを読むと、冬期は比較的暖かい地域であるらしいので、夏場の水不足の影響をどれ程小さくするか?が秀品率の決定打になります。

善通寺市 | 農研機構


先に土質の答え合わせを記載してきますと、土壌改良に注力し病気や食害の発生が少なく秀品率が最も高い土壌であっても、



土壌診断の結果でECは低めでCECがなかなか上がらないとのことで予想通りでした。




午後のほ場巡回では、良い畑と悪い畑で何の要因で差が出てきているのか?を体感して頂くために、最も良い畑数カ所と最も悪い畑数カ所を案内して頂き、土壌診断の結果を元に推測して頂きました。

どの地域でも言えることですが、大半の作物で秀品率を高める要因として、土の柔らかさがありまして、団粒構造がしっかりと形成されていてば、排水性、保水性と保肥力が高く栽培者にとって有利な環境と言えます。


降水量が少ない善通寺市にとって、保水性こそが最も注目すべき要因で、保水性の高さの指標は通路のひび割れ具合でわかります。

なので今回の巡回でも、



通路でひびが生えているか?の確認から行いました。


もう一つ良い指標として、



ほ場に植わっている株を抜き発根状況を見るということもしています。

排水性と保水性が高い土では、根に酸素が十分に行き渡りつつ、常に水がある状態なので白く綺麗な根がたくさん生えることになります。

一方、物理性が低い土壌では酸欠により根が十分に行き渡らないであったり、酸素不足により水溶性肥料のガス化で根が焼け、黄色や褐色の根が見られます。




今回の巡回で興味深い点がありまして、秀品率の高いほ場よりも低いほ場の方が土壌の物理性の向上の要因である腐植量が高かったということがありました。

実際の巡回では秀品率が高いほ場では通路にひび割れはなく、低いほ場ではひび割れが発生していました。


低いほ場の土壌診断の結果を見てみると、



良いほ場と比較して、腐植が多いのでCECは高いのですが、石灰とリン酸の量が目立っています。

石灰は粘土鉱物や腐植と結合して土を固くする要因になり得ますので、不調の要因は石灰だと辺りを付け、次作以降で石灰の使用量を減らすといった課題が見つかりました。


一般的に石灰 : 苦土 : 加里 = 5 : 2 : 1が良いとされていまして、悪いほ場の石灰苦土比が 7 になっていましたので、3 以下を目指すことにしました。

石灰値の改善でひび割れの発生を抑えつつ保水性が高まり、降水量が少ない善通寺市で栽培のコストが減り利益率の向上に繋がります。




秀品率の良いほ場と悪いほ場で見られた他の顕著な特徴としまして、悪いほ場では何処もリン酸値が高いということがありました。

この内容はことねぎ会様でリン酸過剰問題についての話をさせて頂きましたの記事でも触れている通り、リン酸の過剰は病気の発生率が高まり農薬のコストが上がります。

リン酸の高いほ場では、次作はリン酸の施肥を控える、もしくは可能であれば緑肥をして畑を休ませた方が良いということになりました。

緑肥に関しての注意点はリン酸過剰問題を緑肥で解決する時に意識することの記事で詳細を記載しています。


余談で善通寺市のような土質では腐植が定着しにくいので、粘土鉱物肥料は気持ち多めに施肥してくださいということもお伝えしています。

粘土質の畑で粘土鉱物系の肥料を使用しても良いか?

尾野農園様にて勉強会を開催しました

投稿日:2022-05-20  


香川県の株式会社尾野農園様にお招きいただき勉強会を開催しました。

青ネギを主に栽培されている法人様です。


テーマは「土を見直して秀品率を上げる」とし、

午前中は座学、午後は実際に圃場を見ながらの勉強会でした。


座学においては、土づくりについて基礎から京都農販の持つノウハウや考えをお伝えしました。

午後からの圃場巡回では、予め行っていた土壌分析の結果から圃場の状態を予測しつつ、

現場にて答え合わせや、なぜこうなのか?について掘り下げました。


弊社講師の斎藤の見立て通り、尾野農園様の圃場は水を多く欲するネギ作で作りにくい土質だったのですが、

見事なネギを栽培されていました。

聞けば、齋藤や弊社のブログを参考にしていただいていたとのことで、

良いと信じたものを柔軟に取り入れる姿に感動を覚えたとともに、

我々を信じて下さり、実行されていることを大変ありがたく思いました。


尾野社長の社員さんを信じて作物の生育を託されているご姿勢や、

社員さんの前向きさ、質問のレベルの高さをビシビシと感じ、

私も刺激をいただきました。


今回の勉強会が皆様の技術向上の一端を担えたら幸いです。

ことねぎ会様でリン酸過剰問題についての話をさせて頂きました

投稿日:2022-04-11  

ことねぎ会様の研修会でリン酸過剰問題についての話をさせて頂きました。

今回の内容は昨年度のサンリット・シードリンクスさんと協働で行った京都産業21の「企業の森・産業の森」推進事業Ⅱの際に得られた知見の内、すぐに栽培に活かせる内容をピックアップしての報告でした。

京都産業21の「企業の森・産業の森」推進事業Ⅱに採択されました

今までは土壌分析の結果でリン酸の数値が高くても問題は小さいと捉えていましたが、上記の事業を経て、リン酸値が経費のかかり方や秀品率に直結する要因である可能性が高いと判断するようになり、リン酸値を施肥設計の重要な指針と捉えて欲しい旨を話しました。

ことねぎ会様で今後増えるであろう猛暑日の対策について話をさせて頂きました

投稿日:2021-11-08  


ことねぎ会様の研修会で今後増えるであろう長雨の日と猛暑日での栽培についての話をさせて頂きました。

長雨の日は徹底的な排水性の向上に加え、晴れの日に土壌に残る水がすぐに蒸散する仕組みとしての緑肥の重要性を挙げ、猛暑日に対しては共生菌と共生することにより耐乾性が向上するが、肝心の共生菌を活発にするためにはどのような条件にすれば良いか?

耐乾性を高めた作物が更に暑さに強くなるためにはどのような管理を意識すれば良いのか?の紹介をしました。

※論文の内容から考えられることなので、現時点では確証がない事を了承の上で話を進めています。

ことねぎ会様で施肥と巡回で意識していることの話をさせて頂きました

投稿日:2021-06-21  


ことねぎ会様の研修会で弊社の施肥設計や巡回で意識していることの話をさせて頂きました。


前半は育苗と定植直後で発根量を増やす事の重要性を話し、後半は実際の栽培での収穫の目標決めの大事さの話をしています。



生育の評価の基準を発根量に絞ることで、施肥設計や定植後の肥培管理が明確になり、それが秀品率の向上に繋がります。

高槻の原生協コミュニティルームで土壌分析の見方と対策の話をしました

投稿日:2021-04-01  



高槻の原生協コミュニティルームで土壌分析の見方と対策の話をしました。

土の三大要素である物理性と化学性に加え、京都産業21の「企業の森・産業の森」推進事業に採択されましたの事業の前の論文調査で得られた知見を元にした生物性(対策はなし)の話をしました。


関連記事

高槻の原生協コミュニティルームでレンゲ米栽培の報告会を行いました

高槻の原生協コミュニティルームでレンゲ米栽培の報告会を行いました

投稿日:2020-10-16  


高槻の原生協コミュニティルームでレンゲ米栽培を通して得られた知見の報告会を行いました。



レンゲ米栽培を経て得られた知見はおそらく温暖化の進む日本において重要な栽培技術になるであろうと確認をしていて、その根拠となる論文の内容も合わせて紹介しました。



この報告会で興味深かったのが、ウンカの被害が激しかった今年において、ウンカ対策の農薬を散布した方がウンカにやられ、散布しなかった方が無傷で収穫を迎えたということでした。

※上記の内容は参加者のうち二名から挙がりました


ウンカは既に農薬の耐性を持っているので殺虫剤はほぼ効かず、生態系では捕食される側の立場で、農薬によってウンカを捕食する天敵が死滅しているという仮説の信憑性が増しました。


HONEY.Kの事業で得た知見で、レンゲ米は田植えの前にレンゲを育てるだけでは実は悪影響で、レンゲを育てる時に土作りをする必要がある話もしています。

京葱SAMURAI株式会社様向けで秀品率の向上の為に意識すべきことの話をさせて頂きました

投稿日:2020-02-27  



京葱SAMURAI株式会社様向けに秀品率の向上の為に意識すべきことの話をさせて頂きました。

昨今の菌根菌の解明された研究報告の論文を元に、殺菌剤を使用するということが虫に対する耐性を下げる要因や食味の低下の要因になる可能性の話に触れ、極力殺菌剤は使用しない方法の模索や、不本意ながら殺菌剤を使う事になった時に使用後にどのような対策をとれば、以後の栽培が不利な状況にならないか?といったことに触れました。


これから虫害で頭を悩ませる季節に突入する中、今回の話が少しでも問題解決のお役に立てることができれば幸いです。


関連記事

リン酸過剰問題を緑肥で解決する時に意識すること

アミノ酸の葉面散布は効果がありますか?


1 2 3 4 5