九州上陸2日目八代編

投稿日:2017-03-29   投稿者:投稿者名

JAやつしろさんで勉強会に呼んで頂きました。

やつしろといえばトマトのイメージ。 来ていただいた方たちもトマトの生産者さんが中心です。

今回も栽培における元肥の設計についての話し。家畜ふん堆肥の使用について。土壌分析の見方と対策

などの内容でした。

その後は愛知県施設栽培生産者さんの話し、質疑応答、、雑談、、、等 日本有数の農業県で貴重な時間を過ごせました。

溶液等システムでの栽培が中心になりつつある中もう一度基本を確認してもらえる機会になったら本望だと。

講師の斎藤と帰りの新幹線で話してました。

今回会場に招いて頂いたJAやつしろさん。 お世話になった方々 ありがとうございました。


それと、もう一度 

やっぱり路地以外の知識も、もっともっと身に付けないといけないなと、良い刺激を頂きました。


螺旋階段を登ってく感じで頑張りたいと思います!!


九州上陸1日目

投稿日:2017-03-27   投稿者:投稿者名

鹿児島県にて勉強会をさせて頂きました。



内容は土作りから肥料を扱う上での大事な規則や

土壌分析~家畜ふん堆肥の問題、く溶性等を話してもらいました。

本州と九州の農業関係者、共に高め合い地域野菜生産の役に立てればと思います。


それから桜島へ


とう立ってはいるが破壊力抜群のどでか桜島大根!!

桜島の火山灰土はサラサラでシラス台地とは違い黒っぽい土 

水はけは抜群。 恐らくマグネシウム、カルシウム、鉄分が豊富だと予想出来るようです。

ここはかなり土のポテンシャルが高い様子。植物堆肥由来の腐食をしっかりと入れればかなり多品目の野菜の産地になり得る土。

実は黒ぼく土は殆どお目にかかれない貴重な土ですが、ここの土に腐食を突っ込んでみれば黒ぼくの様な土になるんじゃないでしょうか!

京都にも似た土はないのかな!?とか思います。

日本の畑では多くの火山が関係している畑があります。『ふーん火山灰土か?!みたいな感覚でしたが』火山の灰の恩恵で野菜が作れて命を繋いでいる事。 それも山によっては差がある事等、火山が密接に農業に関わっている事がより自分の中に落ちました。

ここ桜島の火山は噴火から1時間ほどで数メートル進むくらいゆっくりした速度で溶岩が流れてくると現地の方に聞きした。

例えばアメリカセドナの噴火はもっとすごい速度で勢いよく溶岩がながれるようです。地形もそのせいで全く違い、堆積した火山灰も全く含んでいる養分などが違う。 でもその中にどんな成分が含まれていてどんな物質と合わせると栽培可能な土に変わるのかを考えていけば農業に向いてないと言われる土地でもまだ戦える可能性を秘めている土地はあるじゃないか?!とか考えています。

これは今自分たちが取り組んでいる栽培のお手伝いともう一つ掲げている将来の目標に向かっていく為の貴重な経験です。


通りかかった犬の散歩してるおばあちゃんが親切に島の事を教えてくれました。

そら、こんな事ばっかりしてたら教えてくれるわ 笑 


渡った時間が遅かったから帰れるかドキドキしたけどフェリーは24時間営業でしたw


明日は熊本のJA八代さんでの勉強会です。


舞鶴 雪の中の勉強会

投稿日:2017-02-11   投稿者:投稿者名

京都は大雪でしたが、北へ進み舞鶴で万願寺トウガラシを中心に栽培されている農家さん達に向けて

勉強会をひらかせて頂きました。


葉物野菜中心の勉強会が多かったですが、今回は花菜類 

葉物野菜より元肥料の設計には注意が必要な作物です。 

プロの農家さんは技術力があるので土壌の化学性が多少ずれていてもなんとかしてしましがち。

ではそこに元肥の設計をしっかりと整えて作に挑むと作中にかかってくるストレスは大きく緩和されるんでは

ないでしょうか?

土壌分析の見方~ある物質を使った長期栽培に臨む方法までしっかりと話させて頂きました。

(斎藤が)w



舞鶴は若い町 若くて寛容でやる気のある町だと感じました。

少しでもお役に立てればうれしいです。

それと、自分たちはこうして新しい産地に向かい入れていただける事で大変勉強になっております。

ありがとうございました。


京都市肥料講習会

投稿日:2017-01-31   投稿者:投稿者名

京都市農業青年クラブさんの主催での勉強会 

in京都工業会館 

今回はこの勉強会開催までに沢山の方々にご協力して頂きました。 

勉強会開催のご準備ありがとうございました。

今回は初めての方が多く単発での勉強会なので深く掘り下げる事は出来ませんでしたが、

内容は『いい土とは』という内容、『土壌分析の各項目の見方、対策、考え方』‥


あとは、家畜ふん堆肥を使う上での注意点などを話してもらいました。

今回は夢中になって落ちていた枝を使って話し始める斎藤毅講師。

と、言うのウソですがw


今回も本当に良い機会を頂きました。

現場での小手先の技術を使うにも正解を知りそこに向けて舵取りしていけば無駄なコストは抑えれると信じています。


学問としての化学(ばけがく)的な話を用いた農業と現場での技術とは両輪でありどちらも必要だと思います。


また、良ければ呼んで頂ければ幸いです。 と、講師の斎藤も申しております。


本日は本当にありがとうございました。


秀品率向上勉強会 

投稿日:2017-01-22   投稿者:投稿者名

昨年に引き続き、復習の意味も込めて【秀品率向上勉強会】というタイトルでの勉強会を京都府全域、滋賀県の農家さんを

含むメンバーで集まって開催させて頂きました。 

集まったメンバーは今や西日本でもトップクラスの実力を持つ葱農家さん(生産法人)さんが殆ど。

こちらも準備段階から意味のある勉強会にしたいと思い準備して臨みました。


内容は昨年ヤンマーアグジャパン中部近畿カンパニー南丹支店さんで5週間にわたってさせて頂いた内容に昨年の現場での

事例を踏まえての土壌分析~肥料の使い方に至る迄のお話し。

講師は当社アドバイザー(斎藤毅)氏です。

【副作用の出にく施肥を考える】

採る為には土を壊しながらでも野菜に栄養を与えないと作れない時もあるのが、周年栽培

でも、採る為に自分が何をしたのか? 土にはどういった負荷が加わりどのようなリスクが次作以降考えられるのかといった事を

考えていきます。

それをケアする為にどういった資材を投入するべきか?!


いつも言うのが、【これさえあればどんな野菜も簡単に美味しく作れます】 万能薬 ^^

なんて、都合の良い肥料は絶対にありません!!

生産現場は大変ですよ。

そのお役に少しでもたてるように日々精進努力していきたいと思います。


沢山の皆さんに集まって頂きました。本当にありがとうございました。

京都農販代表 木村 純也  アドバイザー 斎藤毅


勉強会~ハウス 張り替え迄

投稿日:2016-11-22   投稿者:投稿者名

今月は京丹後ねぎ組合さんに向けての生育勉強会をしました。

内容はあえて周りくどい話し。

速攻で結果を出すにはその分リスクを伴います。 

先ずは自分がどのような場面でどうカードをきったかを理解してそのリスクはどういうものか、うけたリスクを次作どう回避するのかなどの考え方についての指標となれば、幸いです。 


話したのは自分ではありませんが。。 その分ハンドパワーを送っていました。


帰りに京丹後のハウスの土を数カ所見て帰りました。

排水性を高めるのか、逆に弾いたほうが良いのか。


関係ありませんが、渥美半島も駆け抜けました。

町中キャベツ 面積が桁違いです。


ハウスの張り替えシーズン 

張り替えも行っております。㎡単価はPOの種類によります。600円~900円/㎡ PO、農ビ資材込み。

ハウスの使用によっても異なりますので先ずは見積もり依頼お待ちしています。


ヤンマーさん勉強会 第5回

投稿日:2016-02-13   投稿者:投稿者名

5週連続の勉強会 ラストは【土壌の劣化と肥料の残留性】

効き目だけで肥料を選択しがちですが、肥料には残留成分という物が存在し、組み合わせ次第では土壌に残る事で他の養分吸収を阻害したり、塩類集積を発生させたりして、秀品率を低下さえる要因になります。

今回の勉強会では肥料の保証成分から肥料の内容を確認し、ご自分の圃場で不利に働くような組み合わせを避ける手段。

もしくは溜まった成分を除去する手を学ばせて頂きました。


有機農法だから、うちの土壌は健康だ! と、いう話は実は通用しません。

有機質肥料にも残留するとやっかいな成分は含まれますし、慣行農法も無機肥料にばかり頼っていくと、土壌の劣化は避けにくくなります。

有機、無機のお互いの長所を合わせて秀品率を上げていく道が見えたと思います。


5回の勉強会を終えて。

勉強会では主に土壌にとっての理想を話してもらいました。 

今回の内容を元に少しづつ理想の圃場に近づけながら、ハードな栽培に耐えて秀品率を上げて頂ければ、嬉しいです。  

自分にとっても良い勉強と経験が積めました。

今後、こういった機会はどんどん増やしていきたいと考えています。


仕事終わりでお疲れの所、毎週集まって頂きありがとうございました。 


株式会社京都農販 木村  


ヤンマーさん勉強会 第4回目

投稿日:2016-02-06   投稿者:投稿者名

今週も金曜の夜は勉強会

満員御礼の16名のご参加でした。

ありがとうございます。

内容は肥料 『無機と有機』 

有機質肥料と無機肥料の違い 特徴 性質 動き方 

この内容を覚える事で肥料の欠点も長所も解ります。 

勉強会では理想を知る。 理想をしれば目標が出来る。 

でも現場では理想どうりにはいかない事も多い。 だから飛び道具のように、キツイ肥料を使う。葉面散布で利かす。

そして入れた肥料の欠点を捉えてるから、次作の元肥で調節する。 土壌分析もやっぱり大事。



来週は『劣化について』

今回の勉強会は次週で最後です。



ヤンマーさん勉強会 第3回目

投稿日:2016-02-01   投稿者:投稿者名

5週連続、怒涛の勉強会。

今回は3回目、京都農販で肥料設計などにおいて化学的なアドバイスを担当してくれているアドバイザーの齋藤毅さんが講師です。 

現場では!良くしゃべる自分は補佐役です。。

今回のテーマは緑肥について、緑肥にも色々な種類があります。

双子葉と単子葉では使い道が違う。

緑肥は作業としては重たい手だが、切り札として知っておくことで再生することが出来る土壌。

決して推進している訳ではないが、使える『手』として知っておくべきことを伝えたいとの事でした。

講師 株式会社京都農販アドバイザー  齋藤毅 

大学院で植物学(主に形)を専攻し、大学院を出た後は農薬を使わない栽培の調査を行っていました。

前職ではネットショップのCMSのSOY CMS/Shopの開発を行っていました。

現在は株式会社京都農販でアドバイザーをしており、生産法人、肥料関連会社や農機具メーカー向けに栽培で使える化学の話をしており、セレクトファームのシステム運営にも関わっています。


斎藤さんとは3~4年前に出会った時に鶏糞の話で2時間程必死で立話しした時を思い出します。

作物や土壌に対する姿勢、努力で得た知識にはいつも驚かされていると、同時にいい刺激をもらっていました。

こうやって共通の志のもと、とても熱心な農家さんに向けて勉強会が出来ていることを嬉しく思います。

今回も忙しい中来てくだった生産者の皆さま、快く場所を提供してくださるヤンマーアグリジャパン中部近畿カンパニー南丹営業所様

ありがとうございました。


勉強会のご依頼は当社までお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

ヤンマーさんで勉強会

投稿日:2015-11-06   投稿者:投稿者名

ヤンマーアグリジャパンさん南丹支店で勉強会を開かせて頂きました!

講師は当社アドバイザーの斉藤毅さん 内容は土壌の発達から老朽化水田の話し。

後は、単肥の即効性についてくる落とし穴や肥料が効いた後に残る物質が畑や田んぼに与える影響等。



農地を守る為の正しい知識を身につける為に。 今回も勉強になりました。 

そしてヤンマーさん,お集まり頂いた生産者の皆さん。 

ありがとうございました。



1 2 3