モンモリロナイト 薬師Ⅱ

投稿日:2016-02-21   投稿者:投稿者名

栽培で圃場がいくらでも休耕できるのならいいですが、それが厳しく同じ圃場や施設の土耕で栽培される方には、腐食を多く含む資材と粘土鉱物のモンモリロナイト(薬師Ⅱ)は勧めています。

ある学者が『畑でカリ欠は起こらないよ』とか言っていたという話を聞きましたが、現場でカリ欠は起こります。

カリ欠が起こらないという発想はあくまで鉱物が畑にあるという前提。 

でも周年同じ場所で厳しい気候条件の中、秀品を作る為に使用する生理的酸性肥料。 鉱物を壊しながら肥料を効かせて土は疲弊し、トラクターで耕す事でも鉱物は破壊されます。

 

バランスを考えない施肥を続けるとバランスを崩すだけではなく。残留肥料 鉱物の劣化で年々厳しくなっていくという状況を何年も見てきました。 

カリ欠も土壌の団粒化を考えれば不足しにくくなります。(一部の花菜類は収穫後起きる事がある)


粘土を入れて保肥力をあげる。 腐食と合わせて団粒化を促進して土を蘇らせる方向に持っていく。

モンモリロナイトは一般的な畑の何十倍もの保肥力を含みミネラル、ケイ酸が豊富に含まれています。

肥料代考えるなら、まず投入した肥料の受け皿を作る様に持っていく事が大事だと思います。


薬師Ⅱは元肥に目安100kg/10a 

葉面散布での使用でケイ酸で体質硬化、イチゴの苗の栽培等では徒長気味の苗の葉に粉末を直接振りかける等、栽培現場では多様に使われています。


巡回2日目とトマトのカリ欠

投稿日:2015-06-19   投稿者:投稿者名

巡回2日目は花菜類がメイン

地元上賀茂、大宮地区の農家さんは少量多品目で振り売りでご商売をされてる方も多い地区です。小売り対面販売や店舗直売では品質の高さが問われます。 とにかく腕の良い農家さんが多い。 自分も肥料屋になりたての頃、野菜の見方、天候との戦い方など現場で教えてもらった場所でもあります。




2日間ありがとうございました。


ついでにトマトの養分の話

トマトの作が終わって土壌分析を取るといつもカリがかなり少なくなっています。

植物の重要な化学反応はカリの助けなしではできません。

エネルギーの貯蔵も出来なくなるし、細胞壁も出来にくくなります。浸透圧も低くなるので養分吸収自体が高まりません。

収穫の持ち出しでしょう。

良く収穫出来たらお礼に次作のカリの補給は大事だなと思っています。 

オーガニックカリ パームカリ  

トマトのマグネシウム(苦土)欠 サンパワーマグ編

投稿日:2015-06-09   投稿者:投稿者名

苦土欠の話 マグネシウムの不足やカルシウム、カリのような塩基の過剰でも吸収阻害されます。


苦土欠は葉脈にそって写真のような黄化が出るので解りやすいです! ちなみに葉先焼けならカリ不足!

スパークマグの仕込みや追肥での対策より即効性を求める場合。

サンパワーマグ

こういう肥料もあるのです! 



トマトはマルチ栽培で潅水チューブでの追肥や葉面散布での舵取りしていく事が多く固形肥料では間に合わない時は流し込み10a

5kg 葉面散布 1000倍希釈で使用されます。 純粋な硫マグ25%品です!


トマトのマグネシウム(苦土欠) スパークマグ編

投稿日:2015-06-04   投稿者:投稿者名

トマトのハウスでの話し。

今年は異常気象 木をバランスよく作るのも毎年と同じような管理方法ではなかなか上手くいかない。5月の出荷量が九州地方でも3割減と聞いてました。

苦土欠 通常下葉の方なら葉の世代交代、老化葉と呼ばれ仕事を終えた葉が枯れていく際にマグネシウム欠乏の症状になるのは一般普通の生理現象ですが、こいつが上の方まで上がってくるなら苦土欠(足らないか、Ca過剰、水分不足などの要因で吸えないか)です。

葉面散布の習慣がない場合に考えたのが『スパークマグ』でした。 即効性30%残りは根酸で少しづつ溶解する水マグ『今と仕込み』の追肥です。 

溝をきって施肥すると長く苦土の肥効が保ち上から撒くだけでも苦土欠を緩和して土作りをできます。

現場の状況に合わせた持ってる資材での出来る限りのご提案!!でした。※スパークマグはPHが高いので注意が必要です。

そして苦土はトマトの味にも大きく影響するのでした!!

きのこの堆肥 エコマッシュ

投稿日:2015-06-02   投稿者:投稿者名

野菜を作る上で一番重要な土壌 その土壌を作るうえで堆肥の選定は大事なわけです!

うちが重宝する堆肥にきのこの培地を醗酵して作られたエコマッシュという商品があります。

この堆肥は現在年末に1.000袋しか入荷できずに予約の農家さんであっという間に完売してしまいます。

ポテンシャルの高いこの肥料をもっと沢山の現場に紹介したいので思い切って長野県中野市迄工場見学を兼ねてお邪魔しました。


こちら中野市の三幸商事さん平野培養センターさん共同の工場 

原料はえのきの培地 原料投入から完成まで3ヶ月しっかり時間をかけて作られているのが確認できました。

投入直後の水分とある酵素をかけて直ぐの状態で既に糸状菌が確認できます。早くにカビが好む環境を通過するという事は病気になるリスクを製造初期に回避してくれていると言う事。

ここから3ヶ月、、40Lで12kgの軽さになります。 そりゃいい培土になりますね。

夏から秋にかけても取り扱える事になりました!この培土の注意点を担当の木村さんより1点だけ。『尿素と一緒に使うなら2週間は間隔をあけてね』と言われました。 アンモニアガスがガンガン発生しやすくなると言う事でしょう。

その辺りだけ注意すればかなり良い仕事してくれる筈。 実際に使ってる農家さんの評価は高いです。


1