酸素剤2 (湿害とは酸欠害)らしい

投稿日:2015-06-30   投稿者:投稿者名

水は植物の生育にとってなくてはならないもの。萎れ、光合成の低下、最後には枯死します。 でもその水分が多いと湿害になり萎れ、黄化、根グサレを起こして酷ければ枯死します。

じゃあ水が根の周りに多いから良くないのかというとそうではないです。 水耕栽培は水がずっとあるにも関わらず元気に収穫まで育ちます。

何が違うかというと『酸素があるかないか』  小学生の頃捕まえてきた魚を水槽に入れて飼ってたら1週間もせずに死んでた記憶があります。

でも中学生位になって少し知恵がついてエアーポンプを設置したら『あっ、酸素あったら死なへんねや!』みたいな事がありました w

水の中に十分な溶存酸素量があれば作物も水中生物も(根の発達する場所は変わるが)成長していくようです。

前回の話 そもそも湿害の多くは

(長雨や台風で酸欠になり嫌気性生物が活発な状態)

こんな酸素の少ない状態だと嫌気的呼吸が行われ有毒な『エタノール』なんかが大量に作られて根グサレを起こし水があるのに萎れてきます。 そこに前回の話の悪い病気を拾ったりして最悪の状況になっているのを何度も見たことがあります。


土壌中の酸素は大気中の酸素が土の隙間を縫って土中に入り込んだものだそうです。


そして高温期、地温上昇すると(地温の上がりやすい位置、20cm位に根がある為)根は酸素の吸い上げが、例えば10℃上がる毎に2倍になり、土中の溶存酸素量を低下させるようです。

長雨での停滞水で酸素がなくなり、さらに翌日の温度が急上昇するとますます酸素が不足するのが良くわかります。

停滞水を作らないような圃場の整備は大事だと思いますが、簡単に出来ない場合もあるので酸素剤を使うという選択はあると思っています。

酸素剤3へ続く


酸素剤

投稿日:2015-06-29   投稿者:投稿者名

この数年夏にやってくる台風、長雨で路地野菜の収量が減っています。 雨が長く続くと土壌の中で嫌気性好気性菌のバランスが崩れて病害を引き起こすような菌が増殖します。 その状態で翌日温度が急上昇したら根のストレスに嫌気性の病気を引き起こす生物の好む状態になり。野菜に深刻なダメージを与えると(一般的に)言われています。

 

赤(好気性菌) 青(嫌気性菌)がバランスよく生育の助けになり団粒化も作りつつ土に共存している状態。

雨が長く続いた事で酸素欠になり、酸素を好まない嫌気性菌が優位に立つ。(主に病害に多い)

そして翌日急な温度上昇に根はストレスを受け繁殖した病害を引き起こす生物にやられてしまいます。


渇きより厄介な湿害 どうしても排水の悪い圃場を避けられない場合酸素剤を入れる事があります。

酸素剤2へ続く   


配達は体力がいります

投稿日:2015-06-26   投稿者:投稿者名

鶏糞300袋,セル培土270袋の配達。

2台の3トントラックを使って社長と私で2往復。

鶏糞200本積むとこんな感じになります。シートの長さが足りなくなります。


合計570袋,10トン弱。体力勝負の一日でした。

パイプハウス 施工 

投稿日:2015-06-22   投稿者:投稿者名

工事させて頂いたパイプハウス

先週無事工事完了。

外張りはトーカンエースを使用させて頂きました。


カーテンにはダイヤテックスふあふあエースを採用  このハウスではトマトを作られるようです。

最近夏場が高温でトマトの収量が全国的に減だそうです。 高温過ぎると花落ち等で収量は減りますが、トマトは太陽の光が実の生育に必要なので、ふあふあエース(遮光資材)は、日中の気温の高い間だけ使うようにして、日射量の少ない曇天や朝夕はトマトに光が当たるようにしてやります。 

他、金具類他は東都工業さんの部品を使わせてもらいました。




第4回内輪の勉強会(栽培にとって良い土とは?)

投稿日:2015-06-19   投稿者:投稿者名

今日の勉強会は「栽培にとって良い土とは」という内容でした。

作物を育てる土壌としての良し悪しの観点が「物理性」「化学性」「生物性」であることはよく言われます。しかし,それらを踏まえていざ現場で土作りをしようと思っても,あれもこれもとなってしまいなかなか難しいと思います。



今回は,土壌の発達から土作りの目標まで一通り勉強し,特に何が大事なのかを整理することができました。

巡回2日目とトマトのカリ欠

投稿日:2015-06-19   投稿者:投稿者名

巡回2日目は花菜類がメイン

地元上賀茂、大宮地区の農家さんは少量多品目で振り売りでご商売をされてる方も多い地区です。小売り対面販売や店舗直売では品質の高さが問われます。 とにかく腕の良い農家さんが多い。 自分も肥料屋になりたての頃、野菜の見方、天候との戦い方など現場で教えてもらった場所でもあります。




2日間ありがとうございました。


ついでにトマトの養分の話

トマトの作が終わって土壌分析を取るといつもカリがかなり少なくなっています。

植物の重要な化学反応はカリの助けなしではできません。

エネルギーの貯蔵も出来なくなるし、細胞壁も出来にくくなります。浸透圧も低くなるので養分吸収自体が高まりません。

収穫の持ち出しでしょう。

良く収穫出来たらお礼に次作のカリの補給は大事だなと思っています。 

オーガニックカリ パームカリ  

現場巡回という仕事

投稿日:2015-06-18   投稿者:投稿者名

先代から20年以上続く 肥料屋の在り方として一番大事な仕事 現場巡回訪問。


メーカーさんと同行で巡回させてもらいます。

京都北部の葱


京丹波の水耕栽培の葱


また北部の葱

京都市内で葱


各地でしっかりお話をさせて頂きました! 

今年上半期はかなりの異常気象でした。

1月そうそう雨が多く3~4月は畑で畝が上げられない程の降雨量。なたね梅雨が本梅雨、その後に急に真夏が来ました!

その中での苦労と努力は尊敬します。


そしてメーカーさんと別れて夜は市内の農家さん達と勉強会


帰ったら日付け変わりかけてましたw


困った話

投稿日:2015-06-17   投稿者:投稿者名

試験圃場で見回りしていると。マルチの穴から『ピーピー』泣き声が聞こえてきました。

この前卵を発見したんですが、なんと雛が卵から孵ってました w

親はこいつ↓

『ひばり』さん


仕事しにくです。。

早く巣立ってね w


葱用穴あきマルチ トーカン

投稿日:2015-06-15   投稿者:投稿者名

トーカンマルチ ブラック&ホワイトと防虫シルバーを試し張りしました。

東罐興業 パイプハウスでもトーカンエース等でお世話になっているので期待が高まります。


ブラック&ホワイト 4条穴あきマルチ

期待するのは地温抑制。

可視光線の反射が高い白と遮光する黒の組み合わせ雑草は生えにくく、光を反射して夏場の地温を下げてくれます。


写真(トーカンマルチBWパンフレット)

地温が2~3度違うだけでも積算で収穫までの温度を計算すると作物に与える影響は多きい筈。


防虫シルバー 4条穴あき 


三層構造になっていて反射でアザミウマやアブラムシ、ハエ等有翅虫の忌避効果の高いマルチ。

三層とは簡単に↑こういう事です。

写真(トーカン防虫シルバーマルチパンフレット)


防虫シルバーには期待を寄せてしまいます。 特にアザミウマに対して効果があれば助かる農家さんは多いはず。

圃場が白と銀に光っていました!

次は銀黒マルチを張ってみたいと思います。


結果へ

葱苗

投稿日:2015-06-14   投稿者:投稿者名

九条葱は近年セルトレイでの苗作りが多くなっています。 干し苗や路地に直撒きする苗作りに比べて持ち運びの便や世話のしやすさから京都でも多くの生産者さんが作られています。自分が使っている作業管理アプリのhouren.soにも葱苗だけでも1年間半端なく写真の枚数があります。

こんな感じ。

そしてうちの畑部も勉強の為葱苗をセルトレイで作っています。

なかなか慣れない日々の管理、葱苗のカットについて自分がアドバイス出来る事をと話している時に面白い事を思い出しました。


『カイズカイブキ』    昔バイトしていた植木屋の大将に怒られた話! 

この植木は枝の先の方だけ上手く剪定しないと、深くハサミを入れすぎたら先祖返りを起こします。

同じ木から先祖返りした全然見た目の違う葉がはえてきます。

要するに防衛本能が働いて威嚇的なツンツンの葉っぱになってしまいます。 自分は良くこれを発生させ怒られていました。。


植物には防衛本能が備わっているんですね。 そこで葱にしても共通してます。 カットするたびに葱は強くなる。(葱の場合固くなる)

苗場の苗が軟弱気味だったのでカットして強くするという話しからカイズカの話を思い出しました w


ちなみにこれは京都でも指折りの農家さんの葱苗。

植物は命ある生き物、作り手をそのままに表現してくれる正直者。 なんやな~とか良く思います w


1 2