まさ土での栽培

投稿日:2015-11-28   投稿者:投稿者名

まさ土の圃場では肥料分を保持する土と土との繋がりが殆どないので肥料を与えても保持する事が出来ず流れてしまうようです。


もっと寄る

鉱物同士が繋がってないのが確かに良くわかる。これだと肥料が溶けても鉱物と鉱物の間を流れていってしまい、作物に必要な養分が土壌に保持できなくなってしまうのが良く解ります。

なので元肥は長く維持できず液肥等で追っていくような栽培になる方も多いとか。

肥料を与える前に腐植率が高くて微生物そのものやそれが土壌に生き付く用な粘土鉱物等も入った資材資材と菌の餌になる糖分を一度に与える事が出来る改良剤。

ベストフィールド


それと鉄も不足するのでく溶性の苦土と共に微量要素、鉄をしっかり含む肥料

この辺りを試してみたいです。


バーク堆肥をしっかり入れるだけでも大分違うでしょうが、、

まさ土の圃場では肥料を貯める為の器をどう作るか、それが出来ない間は樹脂コート等で物理的に留めておいて少しづつ肥料分を与えて

いくのも作付の条件によっては有りではないかと思います!!


穴空きマルチ 冬用は黒マルチ

投稿日:2015-11-28   投稿者:投稿者名

葱用マルチブラック&ホワイト ブラック&シルバーを夏作に使用しましたが、徐々に地温が低くなる秋植えは

黒マルチを使います。 

黒マルチは三菱化学のポリを使用している三森産業のホールマルチ

写真(試験的に使用頂いている生産者様の圃場より)


色濃く張る時や剥がす時に粘りがあるので切れにくいのが特徴のようです。


素材は悪くないですが、価格を抑える事が出来ました。

マルチのコストが抑えられるので面積が多い農家さんにも喜んでもらえると思います!!


土質

投稿日:2015-11-27   投稿者:投稿者名

京都北部のある地域

農場を管理されてる生産者の方とその農場との出会いがありました。


近年、粘土質の現場を訪れる事が多かったですが、今回は少し違う。 

求められるのは腐食率の向上。 それと同時に上がる保肥力。 

地温を上げる為に入れる何か。 

その地域の特徴で、放線菌が豊富で土の匂いがするそれとは少し違う土質でした。

く溶性のあの資材と腐食を含む堆肥を組み合わせればどうなるか、どの微量要素をどのタイミングで施せばいいか。

土質が変われば話は全く変わってきます。





フルオープンハウス

投稿日:2015-11-25   投稿者:投稿者名

京都市内で上部フルオープンハウスの工事をさせて頂きました。

東都興業の部材を中心にPoは東罐興業 散乱光 グッドクールを採用。 

上部開閉がスムーズに出来ます。

風の影響を考えて開閉ごとにバンドで止めますが、ここで優れた資材が導入されました。

この減速機を付けると毎回バンドを緩めて締めての作業がハンドル操作だけで完了します。

内張り使用で次作のトマトの多収を狙います。

今回もお客様の要望を重視したしっかりとしたハウスが立ちました。

ありがとうございました。


マクロの世界

投稿日:2015-11-18   投稿者:投稿者名

先日、当社のアドバイザーが持っていたマクロ付のカメラで圃場を撮影した時の画像。


土の鉱物が見え、樹脂コートの状態もハッキリ確認できます。


カビの状態も目視よりじっくり観察できます。


防除後のカビの状態、栄養剤を打てる状態なのか(カビも生き物なので栄養を与えると元気になる)防除が必要なのか!?

解りにくい病気の判別、資料作りに。

マクロ付カメラ、顕微鏡はいるなと! 実感しました。

欲しいです m(__)m



堆肥のポテンシャル

投稿日:2015-11-12   投稿者:投稿者名

試験圃場では秋植えの葱が植わっています。 

現場は霧が濃く油断してたのでカビに侵食されたりもしましたが、なんとか薬剤と酸素剤の組み合わせ等で抑えられました。


ただこの現場では連作なのに前作より生育が良い。

病気も株が弱って入ったというよりは外気の要因 葉が焼けたところにカビが侵入してる。株の弱りは感じさせない様子でした。


気になったので根っこ確認

透き通る位白くて綺麗な根がびっしりと生えていました。


それと、もう一つ。 収穫を終えた隣の圃場の雑草の種類に変化がありました。 『シロザ』という雑草が目立ちました。

 聞いた話が正しければ、難雑草とされてはいるが、指標植物ともされておりNを好み、PHが低いと発生できない。

栽培で消耗した土壌では先ず姿を見せず、豊かな土壌にしか生えないらしい。

ペンペン草も背丈が高く生えていて、これも指標植物とされていて良く育っているという事は微酸性で土壌が保たれており作の後半でこの状態なのを考えると土壌の緩衝性が高まっていると言えそうです。

この圃場にはあの廃菌床の堆肥 エコマッシュを10a当たり2000L程投入しています。

以前得意先の圃場でエコマッシュを使用している場所だけ数か月で土の踏み心地が格段に変わったのを体験しました。

堆肥の中でも一番優秀だという廃菌床の堆肥  気になる堆肥! 検証を続けます!!


ヤンマーさんで勉強会

投稿日:2015-11-06   投稿者:投稿者名

ヤンマーアグリジャパンさん南丹支店で勉強会を開かせて頂きました!

講師は当社アドバイザーの斉藤毅さん 内容は土壌の発達から老朽化水田の話し。

後は、単肥の即効性についてくる落とし穴や肥料が効いた後に残る物質が畑や田んぼに与える影響等。



農地を守る為の正しい知識を身につける為に。 今回も勉強になりました。 

そしてヤンマーさん,お集まり頂いた生産者の皆さん。 

ありがとうございました。



1