ハイブリッドスーパー(腐植をしっかり含む堆肥)

投稿日:2016-02-27   投稿者:投稿者名

土を作る為に、牛糞堆肥や、鶏糞堆肥を使い、さらにNの高い硫安や生の鶏糞を入れて微生物を増やすというアドバイスをされたという話を聞きました。

硫安や尿酸を投入しても弱毒細菌という人体にもかなり悪い影響を及ぼす菌や亜硝酸菌という菌が増えるだけで土壌を改良するのに欲しい菌は手に入らないようです。

それどころか、家畜糞を大量に入れると、ECを上げ過ぎて土のバランスを大きく狂わすリスクを持っています。

露地でたまたま上手くいくのは有害成分が雨で流れてくれただけなのと、家畜糞に含まれているNの効きにより、良く出来たと錯覚を起こしているんだと思います。

土作りをするなら腐植を含む植物性の堆肥と粘土 微生物の餌には糖蜜を含む資材がベストでしょう。

ハイブリッドスーパーは剪定クズ、お茶粕、コーヒー豆の粕で構成されています。

コーヒー豆の粕には溜まると厄介でなかなか解決できない有機態リン酸が捕まえた養分を吸収するのに役立ってくれると予想できます。

剪定クズもお茶粕も土を作る上で必要な腐植の資材。  

この堆肥は長年ビニールハウスの中でも使用されています。 

有りそうでなかなか探しても見つからない資材として大事にしています。

東三河地区

投稿日:2016-02-25   投稿者:投稿者名

施設での栽培技術の高さ、キャベツの生産量トップクラス等、日本でも有数の産地である愛知県東三河地区へ。


自分が一番信頼している渥美半島の肥料屋さんのお世話になり、イチゴの生産者様とトマトの生産者様の所に連れて行ってもらいました。


久々に愛知県の技術レベルの高さを確認。    



勉強。  試食させてもらったいちご(紅ほっぺ)は濃くと甘みがあり旨かったです!



2件目のトマトの施設で頂いたミニと中玉の味にも感動。

イチゴもトマトも樹勢のコントロール、花の強さ全てにおいてレベルが高い。

与えるものはしっかり与えて、旺盛なものに負荷を上手くかけてコントロールする。



この経験を活かせるよう頑張ります。

皆さん有難うございました。


モンモリロナイト 薬師Ⅱ

投稿日:2016-02-21   投稿者:投稿者名

栽培で圃場がいくらでも休耕できるのならいいですが、それが厳しく同じ圃場や施設の土耕で栽培される方には、腐食を多く含む資材と粘土鉱物のモンモリロナイト(薬師Ⅱ)は勧めています。

ある学者が『畑でカリ欠は起こらないよ』とか言っていたという話を聞きましたが、現場でカリ欠は起こります。

カリ欠が起こらないという発想はあくまで鉱物が畑にあるという前提。 

でも周年同じ場所で厳しい気候条件の中、秀品を作る為に使用する生理的酸性肥料。 鉱物を壊しながら肥料を効かせて土は疲弊し、トラクターで耕す事でも鉱物は破壊されます。

 

バランスを考えない施肥を続けるとバランスを崩すだけではなく。残留肥料 鉱物の劣化で年々厳しくなっていくという状況を何年も見てきました。 

カリ欠も土壌の団粒化を考えれば不足しにくくなります。(一部の花菜類は収穫後起きる事がある)


粘土を入れて保肥力をあげる。 腐食と合わせて団粒化を促進して土を蘇らせる方向に持っていく。

モンモリロナイトは一般的な畑の何十倍もの保肥力を含みミネラル、ケイ酸が豊富に含まれています。

肥料代考えるなら、まず投入した肥料の受け皿を作る様に持っていく事が大事だと思います。


薬師Ⅱは元肥に目安100kg/10a 

葉面散布での使用でケイ酸で体質硬化、イチゴの苗の栽培等では徒長気味の苗の葉に粉末を直接振りかける等、栽培現場では多様に使われています。


ヤンマーさん勉強会 第5回

投稿日:2016-02-13   投稿者:投稿者名

5週連続の勉強会 ラストは【土壌の劣化と肥料の残留性】

効き目だけで肥料を選択しがちですが、肥料には残留成分という物が存在し、組み合わせ次第では土壌に残る事で他の養分吸収を阻害したり、塩類集積を発生させたりして、秀品率を低下さえる要因になります。

今回の勉強会では肥料の保証成分から肥料の内容を確認し、ご自分の圃場で不利に働くような組み合わせを避ける手段。

もしくは溜まった成分を除去する手を学ばせて頂きました。


有機農法だから、うちの土壌は健康だ! と、いう話は実は通用しません。

有機質肥料にも残留するとやっかいな成分は含まれますし、慣行農法も無機肥料にばかり頼っていくと、土壌の劣化は避けにくくなります。

有機、無機のお互いの長所を合わせて秀品率を上げていく道が見えたと思います。


5回の勉強会を終えて。

勉強会では主に土壌にとっての理想を話してもらいました。 

今回の内容を元に少しづつ理想の圃場に近づけながら、ハードな栽培に耐えて秀品率を上げて頂ければ、嬉しいです。  

自分にとっても良い勉強と経験が積めました。

今後、こういった機会はどんどん増やしていきたいと考えています。


仕事終わりでお疲れの所、毎週集まって頂きありがとうございました。 


株式会社京都農販 木村  


ヤンマーさん勉強会 第4回目

投稿日:2016-02-06   投稿者:投稿者名

今週も金曜の夜は勉強会

満員御礼の16名のご参加でした。

ありがとうございます。

内容は肥料 『無機と有機』 

有機質肥料と無機肥料の違い 特徴 性質 動き方 

この内容を覚える事で肥料の欠点も長所も解ります。 

勉強会では理想を知る。 理想をしれば目標が出来る。 

でも現場では理想どうりにはいかない事も多い。 だから飛び道具のように、キツイ肥料を使う。葉面散布で利かす。

そして入れた肥料の欠点を捉えてるから、次作の元肥で調節する。 土壌分析もやっぱり大事。



来週は『劣化について』

今回の勉強会は次週で最後です。



ハンガースプレーセット葱

投稿日:2016-02-05   投稿者:投稿者名

本日は長岡で今年の路地ナスの設計のご相談~久御山。

そして淀で京都のとある市場でいつも、高い評価を受けられている農家さんと生育について話していまし

いつみても品質の変わらない葱を作る農家さん。 

やっぱり苗作りを一番大事に考えられています。


路地とハウスでの栽培をされていますが、周年評価の高い葱作くりを支えるハウスでの灌水はこれ。

ハンガースプレーでした。

灌水が楽にできて、安価で自分で取り付けも出きるので、京都農販でも積極的にお勧めしています。

現在HPで特設ページの作成が決定しました。


本日の現場

投稿日:2016-02-04   投稿者:投稿者名

現場にて

本当は昨日の話しですが、

変わった人がいましたw


土壌の鉱物を視る。


ただ、作物の顔色だけみても、土の状態を良く見ないと何をすべきか決められない。


サンパワーカリ

投稿日:2016-02-02   投稿者:投稿者名

葉面散布や流し込みでご使用頂いている『サンパワーカリ』という商品


うどん粉やカビ、灰カビに使用する薬剤で炭酸水素カリウム水溶液の『カリグリーン』という薬剤もありますが、

それに似た効果が望めるのか。

重炭酸カリウムのサンパワーカリ

トマト、キュウリ、ナスビの花菜類の施設栽培で灌水チューブを使った流し込みや葉面散布での使用が主立って多かったです。

カリは『根肥え』と呼ばれ、水分、養分の吸い上げや果実の肥大に影響を及ぼす。 長距離の栽培では元肥にカリを施しても作の途中、

昼夜温の変化や様々なストレスから吸収が困難になったり、実が多くなると全体に養分を送れる程のカリが不足しがちになったりします。

カリの補給で養分転流が促進される事によって各要素が作物の隅々まで行き渡ってくれるようコントロール出来る。

カリ欠の特徴 

葉先や葉の表面から黄色く変色~黒っぽく焼けたようになります。


よく見かけるトマトのカリ欠

写真 (タキイ種苗 タキイの野菜より引用)

生育初期から定期的に散布したり、実が多くぶら下がってきてカリ欠の症状が少し見え始めたら使用して、木姿を整える為に使用される農家さんが多いですが。

資材の特徴としてpHを少し上げてくれる特徴もあるのでカビ類でpH低めで活動する病気の予防にも効果が狙えるという特徴があり。

実際葱の栽培で黒腐菌核病の圃場で秀品率を上げるのに役立った実績もあります。

カリは花菜類だけなくどんな野菜の栽培でも不足(土壌の劣化に伴う)する事がとても多いです。

習慣的に使ったとしても頻度をあまりにも多くしなければ得はあっても害の少ない資材だと捉えています。


ヤンマーさん勉強会 第3回目

投稿日:2016-02-01   投稿者:投稿者名

5週連続、怒涛の勉強会。

今回は3回目、京都農販で肥料設計などにおいて化学的なアドバイスを担当してくれているアドバイザーの齋藤毅さんが講師です。 

現場では!良くしゃべる自分は補佐役です。。

今回のテーマは緑肥について、緑肥にも色々な種類があります。

双子葉と単子葉では使い道が違う。

緑肥は作業としては重たい手だが、切り札として知っておくことで再生することが出来る土壌。

決して推進している訳ではないが、使える『手』として知っておくべきことを伝えたいとの事でした。

講師 株式会社京都農販アドバイザー  齋藤毅 

大学院で植物学(主に形)を専攻し、大学院を出た後は農薬を使わない栽培の調査を行っていました。

前職ではネットショップのCMSのSOY CMS/Shopの開発を行っていました。

現在は株式会社京都農販でアドバイザーをしており、生産法人、肥料関連会社や農機具メーカー向けに栽培で使える化学の話をしており、セレクトファームのシステム運営にも関わっています。


斎藤さんとは3~4年前に出会った時に鶏糞の話で2時間程必死で立話しした時を思い出します。

作物や土壌に対する姿勢、努力で得た知識にはいつも驚かされていると、同時にいい刺激をもらっていました。

こうやって共通の志のもと、とても熱心な農家さんに向けて勉強会が出来ていることを嬉しく思います。

今回も忙しい中来てくだった生産者の皆さま、快く場所を提供してくださるヤンマーアグリジャパン中部近畿カンパニー南丹営業所様

ありがとうございました。


勉強会のご依頼は当社までお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

1