団粒化が見えた。

投稿日:2016-03-24  

時間が出来たので今年で3年目になる圃場の後片づけをしました。

が、苗も余っていたのでついでに肥料撒きもしました。


そこでトラクターを走らせていると土を起こしている感覚が昨年と随分違う感じがしました。


団粒構造が劇的に進んでいました。   

廃菌床粘土鉱物での土作り。



カメラを近づけるとこんな感じ


握ると鉱物同士が引っ付いて団子になります。 (教材に出てくるような写真です)


この写真はこの圃場で栽培を始めた年に撮影したもの。 

土のアップの写真はないですが、ここにも注意すべき土が変わった点があります。

水の保水性が向上しているのを確認しました。

バサバサで乾きやすいな~という印象を受けていたのを思い出します。


この圃場は条件にも恵まれていたようで、劣化した土(団粒構造に必要な素材のみある 劣化した圃場)

採る為に酷使した圃場。 

このような圃場は腐食と粘土の効果も出やすい。 

有機物、菌体の補給にはベストフィールドも入れていました。

これが重粘土ならいったん粘土自身の繋がりを外してから団粒化にかかるのでこれは時間が少しかかる。

団粒化が見えた(重粘土編)に続く


とにかく、土を見る限りは連作障害の影響も受けにくそうな様子。この後見たい事が色々頭をよぎります。


試験圃場をしてて良かった!  

参考になる出来事に出会えます!!


ハンガースプレーセット工事しました。

投稿日:2016-03-18  

ハンガースプレーセットの設置工事兼施工指導に行って来ました。

このセットは取付方法はシンプルなのでご自分で設置できるようになっておいた方が後にパーツ交換をする時でも困りません。

非常に安価なランニングコストで済ませられるのでしっかりと取付方法を説明させて頂きました。


昨年は真夏、真冬に工事をしたのでこの時期はやりやすい!


ハウスは4棟だったので川の水をポンプアップしてきて、サクションホースから基地を作りそれぞれのハウス用にバルブを取付け、元々あった手灌水、用の水路は分岐で活かしています。


そこに、お手製架台付きのドサトロンを持ってくると液肥の混入が出来き灌水と同時に液肥を流し込む事が出来ます。

ポリパイ(日本ポリエチレンパイプシステム協会)は自由度が高くて便利です!!


あっと言う間に完成。


ハンガースプレーセットは基本定価が決まっています。

御自分での施工で非常に安価で出来ます。



縁が繋がり京丹後

投稿日:2016-03-10  

ここのところ3週間連続で京丹後へ行っています。 

繋がる時は繋がるもんだと、今日もドライブでした。


本日は水菜栽培の勉強会 


からの国営の圃場へ

とても不思議な感覚で京丹後の仕事が短期間に集中して繋がっています。

こういう時は目の前の課題に精一杯取り組むべきだと考えています!


ニーム核油粕の力?

投稿日:2016-03-09  

今年の冬作は暖冬からの急な寒気で葉が倒れたり、病気の発生率も比較的高くて苦労しましたが、何とか試験圃場の九条葱も収穫を迎えました。


ニーム核油粕とセンチュウ  ←この記事を読んで下さい。


(なんとかこんな葱が出来ました)


圃場全体の画像手前ががニーム核油粕使用区間でしたが、奥の圃場に比べて2月中旬の時点では一回り程葱が大きく元気に育っていました。 3月に急に暖かくなり全体が伸びる事で解り辛くはなりましたが、生育に差は出たのは確かです。 窒素の量は大体合わせたので結果的に効果があったように見えました! 

ハッキリ比較する写真を撮る前に収穫が済んでしまいすいません。。

次はもっと色々と区間分けして成分を揃えて試験してみたいと思います。

冬に種を撒き冬の終わりに合格点

投稿日:2016-03-04  

12月に葱の種をおとしました。 

気温、地温が下がり、日照時間が短く作りにくい。 体はできにくく光合成する時間も比較的少ない、地温が低いので根からの養分の吸収効率も悪い時期に種をおとす。

路地でさらに条件は悪いですが、アーチを立てて不織布を一枚着せてやる事で枯れあがる程の夜温の低い時間を守ってやります。


あとは、日が照る日を大事にして必ず日中は不織布をめくり日に当てます。

これは必ず!

水は乾きにくいので路地だと天水に任す時期も多かったです。

あと、考える事は根からの吸収が困難な苗にどうやって栄養を与えるか、

『葉面散布』を使います。 晴れの日であれば冬場でもしっかりと栄養分は苗に行きわ渡り、根を動かすきっかけにもなります。

葉面散布の技術は悪条件に対して影響を受ける際の栽培の多くの局面で有効です。


この時期の先の霜焼けは気にしない。   

苗としては合格点の苗が出来ました。

葉面散布で多用したのは数種類で『サンプロ1号』は回数打ちました。

試験は完了です。


いととめさんへ

投稿日:2016-03-02  

縁があって京丹後のこだわりを感じるスーパーいととめさんへ行ってきました。


ウッドのいい感じの店構えに、お昼に食べた弁当が旨く、お土産に買った味噌はめちゃめちゃ美味しい。

社長自らの買い付けが妥協ないんですって。




近かったらしょっちゅう行く事は間違いないです。


 

1