オータムフェス質疑応答 マルチ質問回答

投稿日:2019-12-10  

オータムフェスの質疑応答 時間内に答えられなかった分をブログ内で回答させて頂いてます。



東罐興業マルチ 東罐興業石田様より

A,ネギ用のブラック&ホワイト、ブラック&シルバーは95㎝幅規格は製造しておりません。

ネギ用マルチは特注品になりますので最低ロットを満たせば生産可能です。
  その際の数量、価格は京都農販様にお問い合わせください。

Q、ブラック&ホワイトマルチの地温比較で、夜間はB社の方が地温が低いようなのですが、なぜですか?

   A,ブラック&ホワイトは他社に比べて白色の原料、酸化チタンを多く使用しており熱の反射が高くなっております。
  夜間の場合は地面から逃げる熱を昼間とは逆で地面へ反射させる為B社より高い温度になっていると考えられます。

Q、マルチを多用したいがゴミになってしまうのが難点。何かよい方法は?

 A,使用済みのマルチは産業廃棄物となり廃棄物は法律によって適正に処理しなければなりません。
  弊社では製造を行っておりませんが、生分解性マルチを利用することでゴミを減らす事が可能です。
  しかし半年以上の長期利用は難しいのが現状です、また土壌や天候等によって分解速度が異なります。


以下京都農販木村のコメントです。  

最低ロットはたぶん数十本50本以上はいるかな、、という印象です。  詳しい条件を聞いておきますのでまた、お問い合わせくださればご回答致します。


夜温の関係ですが、夜温と日中の温度の開きが大きいと様々な生理障害の発生の要因や養分吸収の偏りが見られやすくなりますが、逆に夜温がそこまで下がらないのは

作物の発根や生育の観点から見ても理想的なんじゃないですかね。


やはり東罐興業さんに生分解マルチを作ってもらいましょう!!  

あと、他府県の現場を巡回している時も生分解マルチを使われている生産者の方々はおられますがバチっとハマってるって現場はなかなか見ないです。

まだまだ発展途上の分野なんでしょうか?! 


以上、東罐興業様よりマルチの質問回答でした。

オータムフェス質疑応答 京都には腐植を入れるだけで良い土はありますか?

投稿日:2019-12-09  

粘土に関して、色のついている地域は腐植を入れるだけで団粒が出来るのですか?京都にはそのような地域はないのですか?

オータムフェスの質疑応答の回答です。


返答の前に色のついている地域について触れておきます。


上の日本地図で、水色とピンクの色があり、どちらの色付きの地域も腐植(有機物)がふんだんに含まれている黒ボク土が分布している箇所になります。

黒ボク土は発根やリン酸肥料の効きに悪影響を与える活性アルミナが発生しやすいというデメリットがありますが、全体で見ると保水・排水性に富み、肥料の効きも良いので、扱いさえ間違えなければ非常に栽培しやすい土であると言えます。


鹿児島や茨城県のつくば市の巡回の経験になりますが、


H-85+


凝集された腐植酸肥料の施肥のみでも秀品率が急速に改善しています。


本題の京都に色付きの地域のような土はありますかについてですが、その前に話題に挙がっている黒ボク土はどのような条件で形成されているかについて触れておきます。黒ボク土に関してWikipediaから形成に関する内容を抜粋すると、

/********************************************************/

母材である火山灰土と腐植で構成されている。表層は腐植が多いため色は黒色又は黒褐色、下層は褐色となる。火山山麓の台地や平地でよく見られ、一部火山灰に由来しない黒ボク土も存在し、この場合は火山より遠く離れた地でも見られる。

/********************************************************/

黒ボク土#概要 - Wikipediaより抜粋


黒ボク土は火山灰土と腐植で構成されています。冒頭の図でいうところの水色の地域の黒ボク土のことで、火山灰に由来しない黒ボク土はピンク色の土のところになります。

もう少し細かく見ると、火山灰土は中学校の理科で習った安山岩や玄武岩質の火山灰がふさわしいみたいです。これらの黒ボク土はアロフェン質黒ボク土と呼ばれるそうです。


これを踏まえた上で、京都を再び見てみると、京都には火山が無いことになっているので、水色の黒ボク土がないことになっていますのが、よくよく調べてみると、



実は京都府福知山市の夜久野高原の北西部にある宝山(田倉山)が玄武岩質の火山であったとされています。

宝山(田倉山)|京都府レッドデータブック2015


夜久野高原の周辺の畑を見渡してみますと、




有機物(腐植を含む)が豊富に含まれていそうなふかふかした土の畑が広がっています。

土質を調べることが出来る日本土壌インベントリーを見ても、


日本土壌インベントリー


有機物(腐植)を豊富に含む土が広がっていることがわかります。




夜久野以外では点々としていますが、有機質をふんだんに含む黒ボク土というものが所々にあります。

これまた経験則になりますが、分布の傾向として、


20万分の1日本シームレス地質図


国立研究開発法人産業技術総合研究所のサイトにあります20万分の1日本シームレス地質図で地質を確認して、


※上の地質図の場所とは異なりますが、海底火山となっている箇所の岩


※岩の下に堆積していた土


※比較用で数メートル離れた箇所の海底火山でない(砂岩となっていた)箇所の下に堆積していた土


海底火山となっている箇所の周辺に黒ボク土のような黒くてふかふかした土が多い傾向にありました。

※上記の話は畑の土ではなく、山道の脇にある土の話です。


この黒ボク土は冒頭の日本地図のピンクの箇所にあたり、これらの黒ボク土は非アロフェン質黒ボク土と呼ばれることが多いです。


ちなみにオータムフェス中に挙げました


地力薬師

マッシュORG


地力薬師(粘土鉱物)  + 腐植の組み合わせは非アロフェン質黒ボク土のような土を目指しています。


関連記事

腐植質の肥料を活用する前に腐植について整理しよう

全国各地のほ場巡回の前に行っている情報収集

オータムフェス質疑応答 農機関係質問回答

投稿日:2019-12-07  

オータムフェスの質疑応答の回答です。 今回はドローンの話し。

回答は北陸近畿クボタ様からです。


・病害虫防除のための液剤散布。

・各種肥料などの粒剤散布

・水田への粒剤除草剤散布

 

現在その他の用途で、

種子(種もみや野菜関連)の散布、圃場の高低差をセンシングし、

そのデータとコンバインメッシュマップと連動させ、翌年の施肥、

肥培管理に活かして、増収、高品質、増益を図るなど、

多岐にわたる活用方法、実証試験が行われ、実用段階に近いものが、

多数あります。ただ他社の動きもあるため、その内容は非公開が

多いようです。

 

もっと詳しく知りたいとおっしゃられる場合は、直接お話もできますので!

との回答でした。 詳しくお話をお聞きになりたい時は京都農販サイトからお問い合わせメールを頂ければご紹介させていただきます。

オータムフェス2019 ご来場ありがとうございました。

投稿日:2019-12-06  

京都農販オータムフェス2019 ご参加くださった皆様大変ありがとうございました。

遠くでは長野県からお越しいただき、こちらも気持ちが引き締まる思いでした。

勉強会では毎回全力、全魂で行こうって決めてましたが、今回のフェスは自分を育てて貰った地元京都での開催なのでさらに気持ちが入りました。


準備に向けて気合が入ります。


70人以上の農業法人様や農家様が集まっていただき、スタートする事が出来ました。

ほんとに皆さん真剣です。

外では北陸近畿クボタ様のトラクターやラジコン動噴 定植機などを展示していただきました。


講演者の東罐興業様のマルチ サンホープ様の冠水システム メタインス様の保険ライフプラン相談窓口

株式会社サンセイ様のブースなど

最後はhandsupというサービスを使ったウェブで匿名で質問できる質疑応答で盛り上がりました。

際どい質問はもっとあっても良かったと思いますが 笑

会場のレイアウトは共同印刷工業様にお願いしました。 いつも肥料のパンフレットや生産物のポップなど

のデザインをお願いしています。


5時間程の長い時間殆どの皆さんが最後まで残っていただき真剣にお話を聞いて下さった事に深く感謝申し上げます。  

来年はさらに今回を上回るような内容でオータムフェス2020を開催したいと考えていますので、それまで一年また、京都農販を宜しくお願い致します。

繰り返しになりますが、ご来場本当にありがとうございました。

アグリガーデンスクール&アカデミー様で日本土壌インベントリーの活用の話をさせて頂きました

投稿日:2019-12-05  


旧福岡県立朝倉農業高等学校内で創設されましたアグリガーデンスクール&アカデミー様から基調講演の依頼があり、日本土壌インベントリーの活用の話をさせて頂きました。

アグリガーデンスクール&アカデミー

日本土壌インベントリー


日本土壌インベントリーはこれから栽培を開始される方、畑を広げる方はもちろん、視察等で訪れた先の畑での栽培が、栽培者の技術に依るものか?もしくは土の良さに依るものなのか?といった技術的なものさしとしても活用することが出来ます。


今回の話が今後の栽培に活用していただくことができれば幸いです。


関連記事

全国各地のほ場巡回の前に行っている情報収集

1 2