京都産業21の「企業の森・産業の森」推進事業Ⅱに採択されました

投稿日:2021-07-20  

公益財団法人京都産業21の「企業の森・産業の森」推進事業補助金で「土壌生物性の評価機構を取り入れた農業生態系管理の民生サービス化」というテーマで採択されました。

今回の事業は京都産業21の「企業の森・産業の森」推進事業に採択されましたの記事で紹介しました「京都府で地域の微生物の活用によるネギの周年栽培の農薬散布の大幅削減と秀品率の向上の栽培体系の確立を目指す」のテーマの続きの位置付けになります。

※前回の事業では弊社が代表企業でしたが、今回の事業では事業の構成企業になります。



前回の事業では、弊社が推奨する基肥設計で栽培した際に秀品率が向上しつつ、農薬防除の回数を削減したほ場で、サンリットシードリンクスさんの所有する土壌微生物叢の構造・機能を解析する解析技術(東樹宏和京都大学准教授の研究成果)で要因を探索し、他のほ場で活用する事を目的としていましたが、良い意味で予想を超えた発見が相次ぎ、今回の事業である「農業生態系管理の民生サービス化の確立」を目指す事になりました。

種多様なネットワークとメタ群集レベルにおける生態学–進化学の統合 | おすすめのコンテンツ | Nature Ecology & Evolution | Nature Research

東樹 宏和氏:多種生物種ネットワークを基に生態学と進化学をつなぐ | 著者インタビュー | Nature Ecology & Evolution | Nature Research


前回の事業で得られた大きな事としまして、

・堆肥による土作りのみで、土壌の三要素の一つである生物性の改善を行う事が出来そうにない

→三要素の物理性と化学性は施肥である程度改善できる

※上記内容は当事業に協力頂いている生産法人様に向けて栽培の検討会の形式で発表しました。

㈱京都農販・サンリット・シードリングス㈱ ネギ栽培検討会第一回を開催しました



・育苗時の培土の生物性を整えると生育の向上が顕著に現れる

→夏季の高温時の育苗で高温ストレスに弱いネギの品種が消える事なく生育をした

㈱京都農販・サンリット・シードリングス㈱ 育苗試験の途中経過

等がありました。


サンリットさんの有する生物性を解析し調整する技術は日本に限らず、世界中の栽培者にとって絶対に必要な技術であることを前回の事業で確認しました。

今回の事業では、京都に限らず、各地で活用できるように土壌の解析と技術開発を進め、農業という産業の利益率を高めつつ、環境負荷の少ないサービスの確立を目指します。



弊社の当面の活動は各地の土壌の生物性の向上の為に、畑周辺の生物性の調査を行います。

菌を深く理解するために山の土の菌の調査をしています

ORG菌jizo株の菌接種試験を行いました


余談ですが、

弊社が推奨している施肥設計の一つのマッシュORGというキノコの培地由来の良質堆肥がありますが、この堆肥のコンセプトが、目指したのは森の土です。

マッシュORGのカタログのPDF


当事業で生物性の調査の為に森林に頻繁に入るようになり、森林の土を調査し、土を更に学ぶ機会が増えました。

今回の事業を介して、マッシュORGを含め、弊社の堆肥の向上を目指します。

ORG菌jizo株の菌接種試験を行いました

投稿日:2021-07-19  




㈱京都農販・サンリット・シードリングス㈱ ネギ栽培検討会で実地試験を開始しました菌接種試験を自社で、山で野菜を植えるメリットとワイルドトマトの記事の内容に引き続き、弊社試験ほ場での栽培に向けた菌の接種試験を行いました。


今までの試験により、㈱京都農販・サンリット・シードリングス㈱ 育苗試験の途中経過の記事で記載した苗の発根量が増し、育苗期間の短縮の可能性が見えてきたことや、夏の高温に弱いネギの品種が立ち枯れして消えずに育ち続けているといった結果がありました。



今回の試験では、調査と解析によって京都を含めた関西圏で効果を発揮するであろう菌(社内でORG菌jizo株と呼んでいます)との共生を確認します。

この試験で良好な結果が見られた場合、生産法人の方と一緒に栽培体系の確立に向けての試験を開始します。

菌接種試験を自社で、山で野菜を植えるメリットとワイルドトマト

投稿日:2021-07-07  

本日京都産業21の2次面接で本事業の有用性と農業現場における汎用性をプレゼン、質疑回答しました。

アーリーステージなのでステップアップは必須 結果はまだわかりませんが、現在説明出来うる範囲でサンリットシードリングスの石川さんを始め、プレゼン終了。


そして実験について京都農販でも菌接種の実験を実施しています。 

少し面白い事が起こってます。 まず菌を摂取したら勿論肥料分は菌が摂るのでそこは考える必要がある。 

あと、菌は有事に働くもので有事ではない時には少しづつ生育に結果の違いを見せてくれそう。

あと、立ち枯れに対して有効かもしれないという結果も見えてきました。 

苗場で立ち枯れが起き無くなれば大きな成果と言える。

というか、確かな技術の上に生物性(生物を資材として)使いこなせれば農業技術の出来る事の幅と高さは飛躍的に伸びそうだとすでに確信を持ちました。


そしてその後うちの養蜂場がある山へ行き野菜を植えました。

名付けて ワイルドトマト(命名適当) 

過酷な環境 そして森林 山に存在するある物を拾う為に定植しました。


この研究が本当に農業現場におりていくまで予定では半年をきっています。

1