保肥力を上げるには

投稿者:投稿者名

保肥力とは,一定量の土壌が保持できる陽イオン(NH,Ca2+,Mg2+,Kなど)の量のことで,陽イオン交換容量(CEC)と呼ばれています。

人間ではよく胃袋の大きさにたとえられます。


下図:土壌にマイナスの電荷がたくさんあるイメージ

この土壌中に帯びているマイナスの電荷に,肥料分である陽イオンが引き付けられます。

ですので,マイナスの電荷が多いほど保肥力が上がるということです。


栽培において注目すべき養分の大半が陽イオンなので,保肥力を上げるためには土壌中のマイナスの電荷を増やせればよいということになります。

そして,マイナスの電荷をたくさん持っているのが粘土鉱物と腐植です。


戻る

京都農販日誌のおすすめの記事

栽培者向けの勉強会を行っています

勉強会について詳しく知りたい方は京都農販の取り組みをご覧ください。