石灰(カルシウム)について

投稿者:投稿者名

石灰(カルシウム)は作物の体を丈夫にするために利用されます。

体が丈夫になるため、強風でも倒れにくくなり、体が傷つきにくくなるため、

傷穴から病気の原因菌が侵入されるリスクが減るため、

作物を風や病気の影響を受けにくくするために有効です。


石灰(カルシウム)は植物への養分という役割の他、

・土壌のpHを調整するための石灰(消石灰、苦土石灰や有機石灰)

・土壌消毒時に利用する石灰窒素

酸素供給材

鶏糞堆肥(飼料の未消化分由来の有機石灰やリン酸石灰)

とカルシウムが含まれている肥料や農薬が多く、

土壌中に残留しやすい成分でもあります。


石灰(カルシウム)が欠乏すると、茎の先端の葉や果実の尻の方が縮れます。


石灰(カルシウム)が過剰になると、

作物が根からミネラル系の養分の吸収を行う時、石灰(カルシウム)が妨害してしまうため、

石灰過多は苦土(マグネシウム)、加里(カリ)やそれ以外の微量成分の大半の欠乏症を誘発します。


石灰(カルシウム)過多にさせないためには、

栽培前のpH調整の石灰の使用の際に、pHを高める効果のある苦土で代用してみる。



カルシウムについての詳しい説明は下記の記事をご覧ください。

カルシウム欠乏・過剰症について

戻る

京都農販日誌のおすすめの記事

栽培者向けの勉強会を行っています

勉強会について詳しく知りたい方は京都農販の取り組みをご覧ください。