鶏糞堆肥、豚糞堆肥に含まれるフィチン態リン酸の問題点

投稿者:投稿者名

鶏糞堆肥や豚糞堆肥にはフィチン態リン酸が多く含まれて

いますが、これが大きな問題を持っていると考えられます。


それは、リン酸が非常に利用されにくくなっていること、

それとフィチン酸が特に金属に対して強いキレート作用を

持っていることにあります。


つまり、作物栽培の必須要素の多くが、このフィチン酸に掴まれ、

利用困難な状態に陥ってしまう懸念があるということです。


長年、鶏糞堆肥や豚糞堆肥を使い続けて、だんだん肥効が落ちて

きたと感じている方は、このフィチン態リン酸の蓄積も疑って

みることが必要かもしれません。

戻る

京都農販日誌のおすすめの記事

栽培者向けの勉強会を行っています

勉強会について詳しく知りたい方は京都農販の取り組みをご覧ください。