K(カリウム)と根圧(根の浸透圧)の関係

投稿者:投稿者名

K(カリウム)は,N(窒素)とP(リン酸)と並んで作物の三大栄養素といわれています。


そしてK(カリウム)は「根肥」と呼ばれ,特に作物の根と関係する栄養素であると認識されています。

※カリウムは他に細胞内の酵素の働きに関与します。


K(カリウム)は植物体の各所,特に根に多く蓄積されます。


このK(カリウム)が根に多くあることで,根の浸透圧が高まり,土から根への水の流れを発生させ,水や養分を吸収します。



もし,K(カリウム)が不足したらどうなるでしょう。

根の浸透圧が弱まり,水や養分が吸えなくなります。つまり,枯死につながります。


作物の調子が悪い時,養分の欠乏・過剰症の診断をしますが,そもそもK(カリウム)が不足しているかもしれません。


しかし,K(カリウム)は根に蓄積されるとその後,あまりなくなりません。作物が小さい時にしっかりK(カリウム)を吸収させるようにすれば安心です。


戻る

京都農販日誌のおすすめの記事

栽培者向けの勉強会を行っています

勉強会について詳しく知りたい方は京都農販の取り組みをご覧ください。