く溶性とは?

大半の肥料は水に溶けなければ、作物に対して効くということはなく、水への溶け易さが肥料の効きの速さだと考えられています。

く溶性は水に非常に溶けにくく、肥料の効きは遅い肥料の特徴となります。

く溶性肥料の効きは作物の根から分泌される根酸に触れた時に水に溶け、作物に吸収される様になり、作物の成長に合わせ徐々に肥料を与えるために使われます。

く溶性の肥料として、炭酸苦土やリン酸石灰等が挙げられます。

ロングマグに戻る

おすすめ商品